DOWN LOAD BBS

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ダウンロードされた「感想・質問・希望」等、お聞かせ下さい
作者の一番の励みになります。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal「メール一斉送信]について(10) | Nomal固定長テキストから桐表への変換 教えてください(10) | Nomal104 メール送信(9) | Nomal170:文字検索処理 Ver1.21 ご紹介(8) | Nomal全銀フォーマット作成一括処理使わせていただきました(8) | Nomal140 清書ユーティリティ 第2.1版 登録 (8) | NomalWin桐9→桐5の表ファイル変換 希望(6) | Nomal桐でGrep10(5) | Nomal175:「桐でGrep(桐10対応版) 3.10版  (C)悲しげ」を使ってみて(5) | Nomal136 一覧表wfmの列固定もどき(改訂第2版)(5) | Nomal110 パイパーリンクについて(5) | Nomal127 列固定式の一覧表形式フォーム(4) | Nomal桐4作品、一挙掲載(4) | Nomal153 MNU Tools フォームにメニューバー(4) | Nomal144 INF Tools 第1.0版 for 桐ver.8 / 桐ver.9(4) | Nomal130 桐の旧バージョンファイルを、桐V9(4) | Nomal192 整形ユーティリティ(3) | Nomal171:toy_launcher 第 3.0 版を使ってみて(3) | Nomal160:toy_launcher(3) | Nomal145 INF Tools  第1.1版のバージョンアップ(3) | Nomalこの掲示板の XSS 脆弱性(3) | Nomal129 桐V8utx_list 2.0 (3) | Nomal#197 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.9 版(2) | Nomal初心者向けの一括処理のサンプルはありますでしょうか?(2) | Nomal176:桐でGrep(桐9対応版)(2) | Nomal了解しました(2) | Nomal158:わんたっち表形式 の登録(2) | Nomal「マウス入力」と同時に移動もできますか。(2) | Nomal140 清書ユーティリティ 第2.1版 (再)登録 (2) | Nomal全銀フォーマット作成一括処理について(2) | Nomalハイパーリンク(2) | Nomalメール一斉送信(2) | Nomal桐10s/桐s版のフラットスタイル・フォームに対応(1) | Nomal#195 #196 INF Framework 第3.3版 INF_DatePicker(1) | Nomal#198 INF_カード 第1.0版のご紹介(1) | Nomal#195 #196 INF_DatePicker.kev/.kex 共通(1) | Nomal193 クラシックUI_モダンUI_変換ユーティリティ(1) | Nomal188 アップデート INF_dirでゲットだぜ(1) | Nomal桐でGrep(桐9対応版)素晴らしい(1) | Nomal182 整形ユーティリティに無害な虫がいました(1) | Nomal177・8 INF Framework (桐10/ 桐10s・桐9-2012/ 桐9s版)(1) | NomalIPS_form を使いこなすための手引書です(1) | Nomal173:イベント処理の整形ユーティリティご紹介(1) | Nomal169:イベント処理の整形ユーティリティ 第3.0版(1) | Nomal終端行は指定できませんというエラーで苦戦!(1) | NomalA4用紙に2枚の伝票を印字したい(1) | Nomal初心者向けのサンプルは?(1) | Nomal列固定に集計関数も移動させたい(1) | Nomal157:桐で「キーダウン・システムキーダウン]イベントを自由自在に制御(1) | Nomal155:桐で「麻雀牌ゲーム(四川省風)」(1) | Nomal拙作のライブラリのアップデートに関して(1) | NomalNO TITLE(1) | Nomal142 桐でヘルプファイルを(1) | Nomal141 桐ver8 列固定式の一覧表形式フォーム(1) | NomalNo74 全銀フォーマット作成一括、使わせてもらいました。(1) | Nomal桐のCOMポート制御(CTI対応?)(1) | Nomalメール一斉送信について(1) | NomalNO TITLE(1) | Nomal133 桐8/桐9 関係ファイルの拡張子関連付け(1) | NomalINF_Framework の入門講座を公開しました(0) | Nomal整形ユーティリティ 3.91 アップデート(0) | Nomal観験桐(ダウンロードコーナー)で拙作が紹介されました(0) | Nomal#199 God_Excel_Reader アップデート(0) | Nomal#200 アイテム登録が要らないランチャー:toy_history(0) | Nomal#199 紙・神・方眼紙エクセルのデータ( .csv / .txt )を桐の表に変換するユーティリティ(0) | NomalINF_DatePicker.wfm/wfx の編集属性式の改修について(0) | NomalIPS_Framework.cmd / IPS_Framework.cmx 共通(0) | Nomal#197 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.9 版(0) | Nomal#195 INF Framework 第3.3版 for 桐9-2012 / 桐9s(0) | Nomal#197 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.9 版(0) | Nomal190 整形ユーティリティ ビーユージー(0) | Nomal187 INF Framework 第3.2版 for 桐10 / 桐10s (0) | Nomal186, 187, 188, 189 INF_Framework の潜在バグ(0) | Nomal188 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.5 版に関して(0) | NomalINF_DatePicker(カレンダー入力)(0) | Nomal177・8 INF Framework (桐10/ 桐10s・桐9-2012/ 桐9s版)(0) | Nomal174: 桐10移行計画3 (0) | Nomal「 171,172 」の、2作品、同時紹介です(0) | Nomal168:ファイル・フォルダをチェック(0) | Nomal桐V9 メール一斉送信 2.01 (0) | Nomal167:フォルダ毎サイズ集計(0) | Nomal162:データ管理システム(0) | Nomal161:販売部長U(体験版)」桐9-2004版(0) | Nomal159:画像管理システム for 桐(0) | NomalNO TITLE(0) | Nomal156:桐で「トランプゲーム(フリーセル風)」(0) | Nomal154:桐で「RSSリーダもどき」(0) | Nomal151・152 桐のツール掲載(0) | Nomal150 ウィンドウ操作プログラム(0) | Nomal149 再帰でファイル検索(0) | Nomal146〜148 ビュア3題(0) | Nomal143 桐v9 メール一斉送信 Ver.2.01(0) | Nomal138 桐ver9 文字列検索 (0) | Nomal137 桐ver9 K-ba (0) | Nomal135 桐ver.9→ver.5/8の表ファイル変換一括処理(0) | Nomal134 プリンタ設定処理(0) | Nomal132 桐9一括変換処理 Ver1.01(0) | Nomal131 桐V8版 列固定式の一覧表形式フォーム(0) | Nomal128 桐8用桐de送付V.1.14(0) | Nomal126 変数を利用した少し実用カレンダー?(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■124 / 親記事)  130 桐の旧バージョンファイルを、桐V9
□投稿者/ @管理人 -(2002/11/01(Fri) 13:20:57)
    桐の旧バージョンファイルを、桐v9へ変換するプログラムです

    >桐v9での、
    >エクスプローラーで選択コピーして桐のデータとして
    >簡単に貼り付けることができます。
    >
    >また、一括処理の表コマンドで、バージョンの確認なしに
    >開くモードも追加されました。

    桐の新しい機能を使用したファイル変換プログラムです

    オリジナル「 Oldto9.exe 」です

    ぜひ、ダウンロードしてお試しください

    本当は早くに預かってましたが、ご紹介がおそくなりまして
    申し訳ございませんでした


引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■129 / ResNo.1)  「130」を、新しくいたしました
□投稿者/ 【多遊】 -(2002/11/01(Fri) 20:20:53)
    > 桐の旧バージョンファイルを、桐v9へ変換するプログラムです

    私が預かってるあいだにバージョンアップされてました
    「画面のレイアウトや、ファイル名など、若干変更」との事です

    ただいま差し替えを行いました 「130」→「130n」です。

    幅田さんのHPからもダウンロードできます

    どうぞよろしくお願い致します。

    幅田さんへ。何度もご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございません

引用返信 [メール受信/OFF]
■131 / ResNo.2)  Re[2]: 「130」を、新しくいたしました
□投稿者/ 幅田 -(2002/11/02(Sat) 22:08:33)
    【多遊】さん
    いつもお世話になっております。

    > 私が預かってるあいだにバージョンアップされてました
    > 「画面のレイアウトや、ファイル名など、若干変更」との事です
    > ただいま差し替えを行いました 「130」→「130n」です。

    即興的に作ったので、作った後から気に食わないところをこまごまと
    直していたら、【多遊】さんにお知らせするのを忘れていました。
    どうもすみませんでした。

    ところで、その後、【多遊】さんからご連絡があったのですが

    >2000ではエクスプローラが開かないとの事です
    >試してみましたが、実は98**、XPでは「windows」ですが
    >2000では、フォルダ名が「WINNT」と、なってました。
    >そのせいだと思います。

    >http://www.k3-soft.com/kiri9/def/def2.html
    >私も考えてみましたが、
    >#OSVER を、利用して、ケースで、
    > #文字位置(#OSVER,"2000")>0  など、利用すればいいかなと
    >思います。

    >直接、windowsのシステムフォルダを取得する方法でもいいかも知れません

    > システム #GETENV("windir")+"\explorer.exe",#データパス名,&OK
    >※2000で実行できました。

    >また、エクスプローラの起動時も
    >> システム "c:\windows\explorer.exe","",&OK
    > システム "c:\windows\explorer.exe",#データパス名,&OK
    >または、#桐パス名・#桐フォルダ名・#データパス名等がいいかなと
    >感じました。
    >その辺はユーザーの任意設定でが。

    私のところでは、Win2000の環境がないので試すことができません。
    ダウンロードされた方は上記を参考にして適当に修正してください。

    桐9の新機能
    ・コピー&形式を選択して貼り付けでファイル名をデータとして取り込む
    ・一括処理の表コマンドで、旧バージョンの確認なしで開く
    ・フォームのツールヒントの機能
    などを試す意味で作ったということでもありますので、これ以上修正する
    つもりはありません。
    こんなちっぽけな一括処理まで紹介していただいてすみませんでした。

引用返信 [メール受信/OFF]
■132 / ResNo.3)  Re[3]: 「130」を、新しくいたしました
□投稿者/ Ogo -(2002/11/02(Sat) 22:20:45)

    > システム #GETENV("windir")+"\explorer.exe",#データパス名,&OK

    どんな Windows でも、異常自体が発生しない限りは
    必ず explorer.exe の存在するフォルダにはパスが
    通っている筈なので、却ってフォルダ名を付けずに
    ファイル名のみを使えば大丈夫なのでは?


引用返信 [メール受信/OFF]
■133 / ResNo.4)  Re[4]: 「130」を、新しくいたしました
□投稿者/ 【多遊】 -(2002/11/04(Mon) 19:26:52)
    > どんな Windows でも、異常自体が発生しない限りは
    > 必ず explorer.exe の存在するフォルダにはパスが
    > 通っている筈なので、却ってフォルダ名を付けずに
    > ファイル名のみを使えば大丈夫なのでは?

    なるほどですね。感心致しました。
引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■336 / 親記事)  192 整形ユーティリティ
□投稿者/ ONnoji -(2020/05/30(Sat) 17:05:34)
    2020/05/30(Sat) 17:56:35 編集(投稿者)

    【多遊】さん、ダウンロードコーナーに、#192 拙作をご紹介いただいてありがとうございます。m(__)m
    http://tayu.o0o0.jp/bbs/kiri/cbbs.cgi?no=2

    なお、ダウンロードコーナーで #192 が表示されない場合には、F5キーを押してリロードしてください。

    ※イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.8 版 for 桐9-2012 / 桐9s / 桐10 / 桐10s は、
     拙作HPのダウンロードページからもダウンロードいただけます。
     http://silicon7565.html.xdomain.jp/

    ■第 3.6 版から 第 3.8 版へ至る経緯は以下の通りです。

    ―第 3.6 版 utx_list3 suite package は、#190 として公開済みです。

    ―第 3.7 版 utx_list3 suite package のトピックス(話題)

    【機能の改修】

    ファイル名         改修内容
    utx_list3.kev       [ファイル]編集から[手続き]編集へ遷移した際の行の位置
    utx_list3_argsvar_All.kev 宣言漏れしていた変数を追加
    utx_list3_launcher.wfm   許可作業:多重化をオフにした
    utx_list3_nesting.kev   未定プログレスバーに変更
    utx_list3_nesting.wfm   未定プログレスバーに変更
    utx_list3_procedure.kev  recursive call の表示
    utx_list3_reform.kev    1.パフォーマンスの改善 2.[手続き実行 ( 条件式 ), 手続き名]をサポート

    【機能の追加】

    整形ユーティリティでタブ( HT )が含まれたテキストファイルを読み込んだ際に、タブ( HT )を半角空白に変換する。
    ※1行当たりのタブ( HT )の数は、最大99個までです。

    ―第 3.8 版 utx_list3 suite package のトピックス(話題)

    【機能の追加】

    [制御文のみ]ボタンを追加しました。

    ・対象になるのは以下のコマンドです。

     手続き実行

     手続き定義開始
     手続き定義終了

     if
     else
     end

     ケース開始
     ケース
     ケース終了

     繰り返し
     繰り返し終了
     繰り返し中止

     名札
     手続き終了

     エラー処理

     一括処理実行


引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■337 / ResNo.1)  Re[1]: 192 整形ユーティリティ
□投稿者/ ONnoji -(2020/06/01(Mon) 15:45:35)
    2020/06/01(Mon) 18:34:29 編集(投稿者)

    宣伝ですが…(^^ゞ

    整形ユーティリティの[フォームの定義リスト:INF_ObjectList.wfm]を用いると、

    以下のようなツリーの作図と、コマンドボタンの設定内容をテキストファイルに出力できますよ。v(^_^)v

    ■fromフォーム.wfm

     フォーム
     ├ ファミリ
     ├ ワークスペース
     │ ├ cmd書き出した表を開く
     │ └ cmd終了時実行コマンドボタン
     ├ フォーム操作バー
     ├ フォームヘッダ部
     │ ├ a
     │ ├ lblNum
     │ ├ lblDate
     │ ├ lblReview
     │ ├ lblComment
     │ ├ lblPermit
     │ ├ lblPro
     │ ├ lblFlag
     │ ├ cmd絞り込んで書き出し別ウィンドウで表示
     │ ├ cmdTest
     │ ├ txt検索文字列
     │ │ └ lbl検索文字列
     │ ├ cmd検索文字列で絞り込む
     │ ├ cmdさらに絞り込む
     │ └ cmd絞り込み解除
     ├ フォーム明細部
     │ ├ 行セレクタ
     │ ├ txtNum
     │ ├ txtDate
     │ ├ txtReview
     │ ├ txtComment
     │ ├ txtPermit
     │ ├ txtPpro
     │ └ txtFflag
     └ フォームフッタ部

     オブジェクト名: cmd検索文字列で絞り込む
     標題     : ←検索文字列で絞り込む

      機能名     機能パラメータリスト
     1 表示
     2 手続き実行   cmd検索文字列で絞り込むClick
     3 なし
     4 なし

     オブジェクト名: cmdさらに絞り込む
     標題     : さらに "*" と "-" で絞り込む

      機能名     機能パラメータリスト
     1 実行条件    ( #変数( "mコマンドボタン実行条件" ) = 1 )
     2 表示
     3 手続き実行   cmdさらに絞り込むClick
     4 なし

     オブジェクト名: cmd絞り込み解除
     標題     : 絞り込み解除

      機能名     機能パラメータリスト
     1 表示
     2 絞り込み_解除  *, "保持する"
     3 なし      #代入( &mコマンドボタン実行条件, 0 )
     4 なし   


引用返信 [メール受信/OFF]
■338 / ResNo.2)  Re[2]: 192 整形ユーティリティ
□投稿者/ ONnoji -(2020/06/01(Mon) 15:46:15)
    2020/06/01(Mon) 15:58:49 編集(投稿者)

    宣伝ですが…(^^ゞ

    整形ユーティリティの[表の定義リスト:INF_StructureList.wfm]を用いると、

    以下のような表の定義情報をテキストファイルに出力できますよ。v(^_^)v

     ■顧客番号から最後のトッピングの日時を表引き.tbl ← これは出力されません

     項目番号 項目名        データ型 項目計算式
     1     顧客番号       文字列
     2     トッピングの最終日時 文字列  #表引き( [顧客番号]+"○", =, "注文履歴.tbl", [合成検索キー], [注文日時], "表引き用の索引" )


     ■注文履歴.tbl の定義 ← これは出力されません

     項目番号 項目名     データ型 項目計算式
     1     顧客番号    文字列
     2     注文日時    文字列
     3     トッピング   文字列
     4     合成検索キー  文字列  [顧客番号] + #cond( [トッピング]="○", [トッピング], 1, "×" )

     索引     表引き用の索引
     並べ替え条件 表引き用の索引
引用返信 [メール受信/OFF]
■339 / ResNo.3)  Re[3]: 192 整形ユーティリティ
□投稿者/ ONnoji -(2020/06/01(Mon) 22:25:43)
    2020/06/01(Mon) 22:33:03 編集(投稿者)

    整形ユーティリティを256倍(古!)使いこなすには、拙作HPの

    桐の釣魚大全のトップ > 整形ユーティリティ教書 基本編を ご覧ください。

    桐の釣魚大全のトップ
    http://silicon7565.html.xdomain.jp/


     【整形ユーティリティ 第3.6版 ダイアグラム】

     ┌───────────────┐
     │整形ユーティリティのランチャー│
     │               │
     └──┬────────────┘
        ↓
        ├───────┬────────┬────────┬────────┐
        ↓       ↓        ↓        ↓        ↓
     ┌──┴───┐┌──┴───┐┌───┴────┐┌──┴────┐┌──┴───────┐
     │整形を開く ││クイック検索││dirでゲットだぜ ││表の定義リスト││フォームの定義リスト│
     │      ││      ││        ││       ││          │
     └──┬───┘└──┬───┘└───┬────┘└───────┘└──────────┘
        ↓       ↓        ↓  
     (1)〜(4)  [処理]でリンク [ファイル名]でリンク
        ↓       ↓        ↓  
    ┌───┴───────┴────────┘ 
    │       ┌────┐
    │       │プリント│
    │┌────┐┌────┐│┌────┐┌────┐
    ││テキスト││テキスト│┘│テキスト││クリップ│
    ││(WBS)││(手続き)│ │(結果) ││ボード │
    │└────┘└────┘ └────┘└────┘
    │  ↑     ↑      ↑     ↑ 
    │  出力    出力     出力    出力
    │  ↑     ↑      ↑     ↑ 
    │┌────┐┌────┐ ┌────┐  ↑┌────┐
    ││手続き ││テキスト印刷│ │変数チェック│  ↑│字下げ │
    ││一覧  ││    │ │    │  ↑│設定  │
    │└─┬┬─┘└─┬┬─┘ └─┬┬─┘  ↑└┬───┘
    │  ↑↓    ↑↓     ↑↓     ↑ │
    │  リンク※  リンク※   リンク※   ↑ │  ※[手続き名]でリンク
    │  ↑↓    ↑↓     ↑↓     ↑ │
    │ ┌┴┴────┴┴─────┴┴──────┴┐
    └→┤    整形ユーティリティ      (1)│───┐
      │                      │(2)│───┐
      └─┬────────────────────┘   │(3)│───┐
        │ └──────────────────────┘   │(4)│
        │     └──────────────────────┘   │
        │         └──────────────────────┘
      ┌─┴────┐
      │整形エンジン│
      │      │
      └──────┘
        ↑
        入力
        ↑
        ├─────────┬─────────┬─────────┐
        ↑         ↑         ↑         ↑
     ┌──┴───┐  ┌──┴───┐  ┌──┴───┐  ┌──┴───┐
     │イベント処理│┐ │一括処理  │┐ │テキスト  │┐ │K3ファイル │┐
     │      ││┐│      ││┐│      ││┐│      ││┐
     └──────┘││└──────┘││└──────┘││└──────┘││
      └──────┘│ └──────┘│ └──────┘│ └──────┘│
       └──────┘  └──────┘  └──────┘  └──────┘
           


     ┌───────────────┐
     │整形ユーティリティのランチャー│
     │               │
     └───┬───────────┘
         ↓
      ┌──┴─────┐
      │トレース出力整形│
      │を開く     │
      └──┬─────┘
         ↓
      ┌──┴───────────────────┐
      │トレース出力整形              │
      │                      │
      └──┬────────────┬──────┘
         │            │
      ┌──┴───┐      ┌─┴──┐
      │整形エンジン│      │テキスト印刷│
      │      │      │    │
      └──────┘      └────┘
         ↑            ↓
         入力           出力
         ↑            ↓
      ┌──┴─────────┐┌────┐
      │メモ帳にペーストして  ││テキスト│
      │メモ帳を閉じます    │└────┘┐
      │            │ │プリント│
      └────────────┘ └────┘
         ↑
      ┌──┴─────────┐
      │トレース出力ウィンドウの│
      │内容を右クリックして  │
      │コピーします      │
      └────────────┘


引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■320 / 親記事)  171:toy_launcher 第 3.0 版を使ってみて
□投稿者/ Vision Maker -(2018/02/15(Thu) 06:18:26)
    2018/02/15(Thu) 06:26:45 編集(投稿者)

    他人に桐を使ってもらう場合は特に力を発揮する。
    気づきませんでした。
    現在、ショートカットで桐を使ってもらっているのですが、これなら、何種類の桐のプログラムも使ってもらえそうです。オプションで、桐(のプログラム)を開いたときこのlauncherが最小化するを選べる(まるで桐パレットみたい)のは助かります。また、グループを使えばたくさんの登録ができるのですね。シェル実行ボタン(2段表示にするとアイコンが現れる)を使って、エクセルファイルや天気のホームページも登録できました。
    ありがとうございます。
    P.S. 自分で桐終了ボタンを追加しようと思ったのですが、微調整が難しく諦めました。次回のバージョンアップには、検討していただけませんか。
引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■321 / ResNo.1)  Re[1]: 171:toy_launcher 第 3.0 版を使ってみて
□投稿者/ ONnoji -(2018/02/15(Thu) 12:49:33)
    > P.S. 自分で桐終了ボタンを追加しようと思ったのですが、微調整が難しく諦めました。
    > 次回のバージョンアップには、検討していただけませんか。

    もうずいぶん昔のことなのですが…、

    [桐終了ボタン]に関しては、ランチャーの初代か2代めの時に今村誠さんから要望を承りました。

    その際に[桐終了ボタン]は拙作ランチャーではサポートしないとご返事しました。

    理由は、ランチャーはローンチ(起動・オープン・フォーカス)するものであって、クローズするものでは無いからです。

    桐の終了は、クローズです。

    よってランチャーのサポート範囲ではありません。

    現行のランチャーも、将来バージョンアップした際にも[桐終了ボタン]はサポートされないと思ってください。

引用返信 [メール受信/OFF]
■323 / ResNo.2)  Re[2]: 171:toy_launcher 第 3.0 版を使ってみて
□投稿者/ Vision Maker -(2018/02/15(Thu) 19:59:45)
    ONnojiさん
    回答ありがとうございます。

    > 現行のランチャーも、将来バージョンアップした際にも[桐終了ボタン]はサポートされないと思ってください。
    >
    理由があってのこととは思いましたが、了解です。


引用返信 [メール受信/OFF]
■329 / ResNo.3)  Re[1]: 171:toy_launcher 第 3.0 版を使ってみて
□投稿者/ ONnoji -(2019/06/12(Wed) 13:25:49)
    > P.S. 自分で桐終了ボタンを追加しようと思ったのですが、微調整が難しく諦めました。
    > 次回のバージョンアップには、検討していただけませんか。

    ダウンロードコーナーにて2019年6月に公開された新しいランチャー(toy_launcher 第 3.2 版)では、
    4段マトリクスのコマンドの最上段の一番右にフリーのコマンドボタンを配置しました。
    フリーですので、ご自由に設定してお使いください。


引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■258 / 親記事)  160:toy_launcher
□投稿者/ @管理人 -(2006/07/15(Sat) 10:54:20)
    作品掲載「toy_launcher 第1.0版 for 桐ver.8 / 桐ver.9」

    本日、ONnojiさんの作品をダウンロードコーナーに掲載いたしました

    ONnojiさんいつもありがとうございます。
    本当に桐を意識しないでいろいろできるようになりましたね

    皆さんもよろしくお願いいたします
引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■259 / ResNo.1)  Re[1]: 160:toy_launcher
□投稿者/ ONnoji -(2006/07/15(Sat) 18:51:14)
引用返信 [メール受信/OFF]
■264 / ResNo.2)  ありがたく使わせてもらいます
□投稿者/ shakura -(2007/02/01(Thu) 13:10:20)
    No259に返信(ONnojiさんの記事)
    はじめまして。DOS版の頃から桐を使っていますが、依然中級者レベルの者です。
    自分でランチャーを作ろうと試行錯誤していたのですが上手くゆかず、途方に
    くれていたところで、この作品に出会えました。

    実務にもすぐに応用でき、たいへん便利になりました。
    ありがとうございました。

引用返信 [メール受信/OFF]
■265 / ResNo.3)  Re[3]: コメントありがとうございます。
□投稿者/ ONnoji -(2007/02/07(Wed) 13:19:35)
    > 実務にもすぐに応用でき、たいへん便利になりました。
    > ありがとうございました。

    shakuraさん、コメントありがとうございます。

    実際にお使いいただいた人からコメントをいただくことは非常にまれで、
    とても嬉しくなりました。

    toy_launcher でお気付きの点がありましたら、ご遠慮なくコメントしてください。

    これからもよろしくお願いいたします。

    <追伸>

    現在のものとあまり変わりばえがありませんが、toy_launcher2 を開発しています。
    請うご期待!。
引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■227 / 親記事)  145 INF Tools  第1.1版のバージョンアップ
□投稿者/ @管理人 1回-(2003/12/27(Sat) 08:52:45)

    ONnojiさん作の
    「INF Tools 第1.1版」バージョンアップ作品を紹介いたしました。

    ヘルプや詳しい説明も同梱されています。是非、ご覧お願い致します

    ONnojiさんご紹介どうもありがとうございました。


引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■228 / ResNo.1)  Re[1]: 145 INF Tools  第1.1版のバージョンアップ
□投稿者/ ONnoji 1回-(2003/12/27(Sat) 11:47:08)
    > 「INF Tools 第1.1版」バージョンアップ作品を紹介いたしました。

    【多遊】さん、拙作をご紹介いただきましてありがとうございます。

    今回は readme.txt の抜粋のご紹介だったので以下に全文を引用いたします。

    --------------------------------------------
    INF Tools 第1.1版 for 桐ver.8 / 桐ver.9

    INF Tools:オリジナル

             By ONnoji Copyright (C) 2003
    --------------------------------------------

    ■ソフトの内容

    ・フォームを最後に閉じた時点のウィンドウのサイズや位置を記憶します。
    ・一覧表形式や伝票形式のフォームが、表編集のように左右スクロールします。
    ・一覧表形式や伝票形式のフォームが、表編集のように列固定出来ます。
    ・フォームのオブジェクトの幅がマウスドラッグで変更出来ます。

    ■変更履歴

     第1.1版では以下の変更を行いました。

    ・初期版〜sp4までの桐ver.8で「INIもどき」が実行されなかたことを改修
    ・表名(または別名)を指定したときの サブフォーム用の *_swap.txt と *_info.txt の命名に関する改修
    ・パフォーマンスの改善( 不必要な[変数変更]メソッドをコメント化 )
    ・パフォーマンスの改善( 単位変換関数( #DotToPoint, #MiliToDot )を使用しない:[INF Tools 名札 メイン]のオプション )
     ※ご注意:パフォーマンスには体感し難い内容を含みます。

    ■前作( 第1.0版 )のイベント( .kev )との違いと、ライブラリ( .cmd )の上位互換

     前作イベント( .kev )との違いは[INF Tools 名札 メイン]における、&INFmInchToDot の宣言の有り無しだけです。
     前作のままでも動作しますが、変数:&INFmInchToDot を宣言して dpi値を代入する方がパフォーマンスが改善します。
     変数:&INFmInchToDot を宣言しなくても第1.1版のライブラリ( INF_Tools_library.cmd )は上位互換なので前作に上書きして問題なく動作します。

    ■解凍について

     ダウンロードしたファイル(LZH形式)を任意のフォルダに解凍してください。

     <桐ver.8で使用する>

     桐関係のファイルは桐ver.8バージョンです。変換確認メッセージは表示されません。

     <桐ver.9で使用する>
     
     桐関係のファイルは桐ver.8バージョンです。
     桐ver.9で使用する場合には初回のみ変換確認メッセージが表示されますので、[桐ver.9に変換する]を選んでください。
     一度変換すると以後からこのメッセージは表示されません。

     <旧版( 第1.0版 )に上書きする場合>

     旧版( 第1.0版 )に上書きすることも可能です。
     第1.1版のライブラリ( INF_Tools_library.cmd )は上位互換なので旧版に上書きして問題なく動作します。

    ■解凍後のファイル一覧

     INF Tools のサンプルを使うには、フォーム名:INF_Tools_demo を開いてください。

     入門マニュアルは inf_tools_guide.htm をご覧ください。

     詳しい説明と仕様は inf_tools_note.htm をご覧ください。

     readme.txt     … お読みください
     inf_tools_guide.htm … 入門マニュアル By Sai Copyright(C) 2003
     inf_tools_note.htm … 仕様ノート By ONnoji

     サンプルメニュー   … INF_Tools_demo.wfm/kev/tbl
     住所録サンプル    … address.wfm/kev/tbl zipk3.tbl
     家計簿サンプル    … kakeibo.wfm/kev/tbl KAMOKU.TBL
     ライブラリ(INF Tools) … INF_Tools_library.cmd

     テスト用ランチャー … test_Launcher.wfm/kev/tbl
     価格表ランチャー  … menu_price.wfm/kev/tbl
     価格表       … price.wfm/kev price1.tbl price2.tbl

     拡張機能サンプル1 … technique1_extend.wfm/kev
     拡張機能サンプル2 … technique2_offset.wfm/kev
     拡張機能サンプル3 … technique3_link.wfm/kev

     メインフォーム   … 自転車メインフォーム用.wfm/kev/tbl
     サブフォーム    … 自転車サブフォーム用.wfm/kev
     自転車マスター   … 自転車マスター.wfm/kev 自転車リスト.tbl

     設定ファイル    … *_info.txt

     イメージファイル  … *.gif

    ■使用条件

     INF Tools はフリーソフトウェアです。

     免責 :動作の保証はしません。各自の責任でご使用下さい。

     改造等:オリジナルの全体または部分の改造、およびオリジナルの部分的な使用もOKです。

     再配布:基本的に許諾しますが、以下をご確認下さい。
        ・オリジナルの全体または部分、およびこれらの改造物の無償再配付はOKです。
        ・オリジナルの全体または部分、およびこれらの改造物の有償再配付を禁じます。

    ■謝辞

     前山氏には、INF Tools 第1版製作の全工程で多くの助言をいただきました。

     Sai 氏には、「表もどき」に関して多くの助言をいただきました。さらにお忙しい中「入門マニュアル」製作していただきました。

     株式会社コンピュータ アンド コンサルティングの渡辺 治久氏・鈴木 鴻霞氏には、桐アプリ開発者の立場から多くの助言をいただきました。

     下東氏には、お忙しいなか多くの実践的な助言をいただきました。

     藤野氏には、お忙しいなか多くの貴重な助言をいただきました。

     各氏のご協力・ご助言に対し深く感謝申し上げます。

     この拙作を「いまは桐だけ(ダウンロードコーナー)」でご紹介してくださった【多遊】さん、どうもありがとうございます。

     公開前にα・β版をご試用いただいた皆様、どうもありがとうございます。

     以上

引用返信 [メール受信/OFF]
■229 / ResNo.2)  Re[2]: 145 INF Tools 移行ガイド
□投稿者/ ONnoji 2回-(2003/12/27(Sat) 12:35:41)
    ONnoji です。

    INF Tools をダウンロードしていただいた皆様ありがとうございます。

    公開後数ヵ月でバージョンアップするのは心苦しいのですが…
    INF Tools を第1.1版にバージョンアップしました。

    以下に前作( 第1.0版 )からの移行ガイドを示しますのでご参照ください。

    <INF Tools 1.0 → INF Tools 1.1 移行ガイド>

    ■前作( 第1.0版 )のイベント( .kev )との違いと、ライブラリ( .cmd )の上位互換

     前作イベント( .kev )との違いは[INF Tools 名札 メイン]における、&INFmInchToDot の宣言の有り無しだけです。
     前作のままでも動作しますが、変数:&INFmInchToDot を宣言して dpi値を代入する方がパフォーマンスが改善します。
     変数:&INFmInchToDot を宣言しなくても第1.1版のライブラリ( INF_Tools_library.cmd )は上位互換なので前作に上書きして問題なく動作します。

     第1.1版では以下の変更を行いました。

    ・初期版〜sp4までの桐ver.8で「INIもどき」が実行されなかたことを改修
    ・表名(または別名)を指定したときの サブフォーム用の *_swap.txt と *_info.txt の命名に関する改修
    ・パフォーマンスの改善( 不必要な[変数変更]メソッドをコメント化 )
    ・パフォーマンスの改善( 単位変換関数( #DotToPoint, #MiliToDot )を使用しない:[INF Tools 名札 メイン]のオプション )
     ※ご注意:パフォーマンスには体感し難い内容を含みます。

     さて、今回のバージョンアップは改修よりもパフォーマンスの改善がポイントです。
     さぞかし速くなるかと思われるかもしれませんが、残念ながら速くはなりません。
     実は、Windows NT・2000・XP系で INF Toolsを使っている時に桐の動作が遅くなるのを防いでいます。
     ※INF Tools を組み込んだフォームを再定義した時に描画が遅くなるので気が付きます。
     ※このことはどこかの掲示板に書いた記憶がありますが、その当時には原因が不明でした。

    ■既存のINF Tools 第1.0版のイベント( .kev )を 第1.1版に対応させる方法

     次のふたつのポイントがあります。

     *---------- begin INF Tools 名札 メイン ---------------*
     ** Title : INF Tools 第 1.1 版 for 桐ver.8 / 桐ver.9 ※ INF Tools はフリーソフト( free software )です.
     if ( #配列要素数( "INFmLive" ) = -1 )
      変数宣言 局所,整数 { &INFmInchToDot = #InchToDot( 1 ) } /* 第 1.1 版で追加された局所変数 */
      変数宣言 局所,文字列{ &INFmMasterInfoName, &INFmMyControlSubformList, … 省略 }
      変数宣言 局所,整数 { &INFmWsUserNameUse = 0, &INFmTblNameUse = 0, … 省略 }
     end
     変数宣言 局所,整数 { &INFmLive = 1 } /* INF Tools を有効にする Yes:1 No:0 */
      :
      :

    【第一のポイント】
     上の[INF Tools 名札 メイン]の4行めの
      変数宣言 局所,整数 { &INFmInchToDot = #InchToDot( 1 ) }
    が第一のポイントです。
     INF Tools 第1.0版のイベント( .kev )をお使いの方はこの行を追加してください。

    【第ニのポイント】
     次に、INF_Tools_library.cmd を新しいファイルで上書きしてください。これが第ニのポイントです。

     以上で旧バージョン(第1.0版)のイベント( .kev )を 第1.1版に変更することができます。

    【蛇足】
     今回のリリースでは、このように[INF Tools 名札 メイン]で#InchToDot関数を一回だけ使うようにしてあります。
     これは、画面の解像度を自動的に取得するためです。

     しかし、一回でも#InchToDot関数を実行したくなければ、
       変数宣言 局所,整数 { &INFmInchToDot = 96 } /* 小さなフォント */
        または
       変数宣言 局所,整数 { &INFmInchToDot = 120 } /* 大きなフォント */
     のように dpi値を代入してください。


引用返信 [メール受信/OFF]
■230 / ResNo.3)  Re[3]: 145 INF Tools マーフィーの法則
□投稿者/ ONnoji 3回-(2003/12/27(Sat) 12:46:33)
    管理人>> 一緒に、マフィの法則も紹介させていただきました。
    ONnoji>サンプルのマーフィーは表だけが桐ver.9になっているので、
    ONnoji>桐ver.8を利用する方は、別途No111.マーフィーの法則の表と入れ替えれば、桐ver.8でも利用できると思います。

    ・145s:No111.マーフィーの法則に、組み込んだサンプル例です。(95kb)

    前回のマーフィーの法則+INF Tools 1.0 は私(ONnoji)のミスで表( .tbl )だけが桐ver.9になっていました。
    今回のマーフィーの法則+INF Tools 1.1 はすべて桐ver.8 のファイルで構成してあります。

    桐ver.9 や 桐ver.9-2004 をお使いの場合には変換メッセージが表示されますので変換してお使いください。



引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]






100959

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -