DOWN LOAD BBS

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

ダウンロードされた「感想・質問・希望」等、お聞かせ下さい
作者の一番の励みになります。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal「メール一斉送信]について(10) | Nomal固定長テキストから桐表への変換 教えてください(10) | Nomal104 メール送信(9) | Nomal170:文字検索処理 Ver1.21 ご紹介(8) | Nomal全銀フォーマット作成一括処理使わせていただきました(8) | Nomal140 清書ユーティリティ 第2.1版 登録 (8) | NomalWin桐9→桐5の表ファイル変換 希望(6) | Nomal桐でGrep10(5) | Nomal175:「桐でGrep(桐10対応版) 3.10版  (C)悲しげ」を使ってみて(5) | Nomal136 一覧表wfmの列固定もどき(改訂第2版)(5) | Nomal110 パイパーリンクについて(5) | Nomal127 列固定式の一覧表形式フォーム(4) | Nomal桐4作品、一挙掲載(4) | Nomal153 MNU Tools フォームにメニューバー(4) | Nomal144 INF Tools 第1.0版 for 桐ver.8 / 桐ver.9(4) | Nomal130 桐の旧バージョンファイルを、桐V9(4) | Nomal192 整形ユーティリティ(3) | Nomal171:toy_launcher 第 3.0 版を使ってみて(3) | Nomal160:toy_launcher(3) | Nomal145 INF Tools  第1.1版のバージョンアップ(3) | Nomalこの掲示板の XSS 脆弱性(3) | Nomal129 桐V8utx_list 2.0 (3) | Nomal#197 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.9 版(2) | Nomal初心者向けの一括処理のサンプルはありますでしょうか?(2) | Nomal176:桐でGrep(桐9対応版)(2) | Nomal了解しました(2) | Nomal158:わんたっち表形式 の登録(2) | Nomal「マウス入力」と同時に移動もできますか。(2) | Nomal140 清書ユーティリティ 第2.1版 (再)登録 (2) | Nomal全銀フォーマット作成一括処理について(2) | Nomalハイパーリンク(2) | Nomalメール一斉送信(2) | Nomal桐10s/桐s版のフラットスタイル・フォームに対応(1) | Nomal#195 #196 INF Framework 第3.3版 INF_DatePicker(1) | Nomal#198 INF_カード 第1.0版のご紹介(1) | Nomal#195 #196 INF_DatePicker.kev/.kex 共通(1) | Nomal193 クラシックUI_モダンUI_変換ユーティリティ(1) | Nomal188 アップデート INF_dirでゲットだぜ(1) | Nomal桐でGrep(桐9対応版)素晴らしい(1) | Nomal182 整形ユーティリティに無害な虫がいました(1) | Nomal177・8 INF Framework (桐10/ 桐10s・桐9-2012/ 桐9s版)(1) | NomalIPS_form を使いこなすための手引書です(1) | Nomal173:イベント処理の整形ユーティリティご紹介(1) | Nomal169:イベント処理の整形ユーティリティ 第3.0版(1) | Nomal終端行は指定できませんというエラーで苦戦!(1) | NomalA4用紙に2枚の伝票を印字したい(1) | Nomal初心者向けのサンプルは?(1) | Nomal列固定に集計関数も移動させたい(1) | Nomal157:桐で「キーダウン・システムキーダウン]イベントを自由自在に制御(1) | Nomal155:桐で「麻雀牌ゲーム(四川省風)」(1) | Nomal拙作のライブラリのアップデートに関して(1) | NomalNO TITLE(1) | Nomal142 桐でヘルプファイルを(1) | Nomal141 桐ver8 列固定式の一覧表形式フォーム(1) | NomalNo74 全銀フォーマット作成一括、使わせてもらいました。(1) | Nomal桐のCOMポート制御(CTI対応?)(1) | Nomalメール一斉送信について(1) | NomalNO TITLE(1) | Nomal133 桐8/桐9 関係ファイルの拡張子関連付け(1) | NomalINF_Framework の入門講座を公開しました(0) | Nomal整形ユーティリティ 3.91 アップデート(0) | Nomal観験桐(ダウンロードコーナー)で拙作が紹介されました(0) | Nomal#199 God_Excel_Reader アップデート(0) | Nomal#200 アイテム登録が要らないランチャー:toy_history(0) | Nomal#199 紙・神・方眼紙エクセルのデータ( .csv / .txt )を桐の表に変換するユーティリティ(0) | NomalINF_DatePicker.wfm/wfx の編集属性式の改修について(0) | NomalIPS_Framework.cmd / IPS_Framework.cmx 共通(0) | Nomal#197 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.9 版(0) | Nomal#195 INF Framework 第3.3版 for 桐9-2012 / 桐9s(0) | Nomal#197 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.9 版(0) | Nomal190 整形ユーティリティ ビーユージー(0) | Nomal187 INF Framework 第3.2版 for 桐10 / 桐10s (0) | Nomal186, 187, 188, 189 INF_Framework の潜在バグ(0) | Nomal188 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.5 版に関して(0) | NomalINF_DatePicker(カレンダー入力)(0) | Nomal177・8 INF Framework (桐10/ 桐10s・桐9-2012/ 桐9s版)(0) | Nomal174: 桐10移行計画3 (0) | Nomal「 171,172 」の、2作品、同時紹介です(0) | Nomal168:ファイル・フォルダをチェック(0) | Nomal桐V9 メール一斉送信 2.01 (0) | Nomal167:フォルダ毎サイズ集計(0) | Nomal162:データ管理システム(0) | Nomal161:販売部長U(体験版)」桐9-2004版(0) | Nomal159:画像管理システム for 桐(0) | NomalNO TITLE(0) | Nomal156:桐で「トランプゲーム(フリーセル風)」(0) | Nomal154:桐で「RSSリーダもどき」(0) | Nomal151・152 桐のツール掲載(0) | Nomal150 ウィンドウ操作プログラム(0) | Nomal149 再帰でファイル検索(0) | Nomal146〜148 ビュア3題(0) | Nomal143 桐v9 メール一斉送信 Ver.2.01(0) | Nomal138 桐ver9 文字列検索 (0) | Nomal137 桐ver9 K-ba (0) | Nomal135 桐ver.9→ver.5/8の表ファイル変換一括処理(0) | Nomal134 プリンタ設定処理(0) | Nomal132 桐9一括変換処理 Ver1.01(0) | Nomal131 桐V8版 列固定式の一覧表形式フォーム(0) | Nomal128 桐8用桐de送付V.1.14(0) | Nomal126 変数を利用した少し実用カレンダー?(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■155 / 親記事)  ハイパーリンク
□投稿者/ hidetake -(2003/03/18(Tue) 00:36:50)
    桐でやる手ももちろんだけれど,正規表現を使えれば
    こんな風に出来るというサンプルの意味も含めて・・・

    取り敢えず,今時の Windows であれば大体において
    使えるであろう WSH のうち VBS でのスクリプト例!

    ex. httplink.vbs infile outfile

    -------------------------------------------------------------------------------
    Dim Arg
    Set Arg = WScript.Arguments
    If Arg.Count < 2 Then
    WScript.Quit
    End If

    Dim Src, Dst
    Src=Arg(0)
    Dst=Arg(1)

    Dim Fs
    Set Fs = Wscript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    If Not Fs.FileExists(Src) Then
    WScript.Echo "ファイルがありません!"
    Set Fs = Nothing
    Set Arg = Nothing
    WScript.Quit
    End If
    If Fs.FileExists(dst) = True Then
    Fs.DeleteFile dst,True
    End If

    Set sFile = Fs.OpenTextFile(Src)
    Set dFile = FS.CreateTextFile(Dst)

    Dim Line
    Set objRE = New RegExp
    objRE.IgnoreCase = True
    objRE.Global = True
    objRE.Pattern = "(((s?https?|ftp)://|mailto:)[-_.!~*'()a-zA-Z0-9;/?:@&=+$,%#]+)"

    Do Until sFile.AtEndOfStream
    Line = sFile.ReadLine
    If Line = Chr(&h1A) Then
    Exit Do
    End If
    If objRE.Test(Line) = True Then
    Line = objRE.Replace(Line,"" + "$1" + "")
    End If
    dFile.WriteLine(Line)
    Loop

    sFile.Close
    dFile.Close
    Set sFile = Nothing
    Set dFile = Nothing
    Set Arg = Nothing
    Set Fs = Nothing
    WScript.Quit
    -------------------------------------------------------------------------------


引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■156 / ResNo.1)  Re[1]: ハイパーリンク
□投稿者/ hidetake -(2003/03/18(Tue) 00:37:51)
    引き続いて perl 版!

    この程度の処理であれば 数百KB の perl.exe をどこからか
    持ってきても良いだろうし,JPerl.exe + Perl300.dll だけ
    でも可能・・・

    ex. perl httplink.pl infile outfile

    -------------------------------------------------------------------------------
    #!/usr/bin/perl

    if ($#ARGV ne 1) {
    print "usage: htmllink.pl infile outfile\n";
    exit;
    }
    $sfile = $ARGV[0];
    open(IN, $sfile) || die "Can't open infile: $sfile";
    $dfile = $ARGV[1];
    open(OUT, "> $dfile") || die "Can't open outfile: $dfile";

    while($Line = ){
    $Line =~ s/(((s?https?|ftp):\/\/|mailto:)[-_.!~*'()a-zA-Z0-9;\/?:\@&=+\$,%#]+)/$1<\/a>/gi;
    print OUT "$Line";
    }

    close(IN);
    close(OUT);
    -------------------------------------------------------------------------------


引用返信 [メール受信/OFF]
■157 / ResNo.2)  Re[2]: ハイパーリンク
□投稿者/ hidetake -(2003/03/18(Tue) 00:39:34)
    > s/(((s?https?|ftp):\/\/|mailto:)[-_.!~*'()a-zA-Z0-9;\/?:\@&=+\$,%#]+)/

    と言う事で,桐も正規表現が使えたらなぁ〜


解決済み!
引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■146 / 親記事)  メール一斉送信
□投稿者/ 小宮幸雄 -(2003/02/15(Sat) 14:36:58)
    桐V8のメール一斉送信をダウンロードし使わせていただいております。
    大変好調に動作しています。
    メールマガジンを発行しております。

    ところで、このシステムのメールーソフトを
    アウトルックエキスプレスに出来ないのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。
引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■147 / ResNo.1)  Re[1]: メール一斉送信
□投稿者/ 【多遊】 -(2003/02/15(Sat) 18:37:10)
    小宮さん、こんにちは

    >桐V8のメール一斉送信をダウンロードし使わせていただいております。
    >大変好調に動作しています。
    これは
    >104 桐V8 メール一斉送信 1.51 「CMAIL WRITER」

    のことでしょうか?

    プログラム(一括処理)を見て頂くと解りますが、
    >システム "cmail" , &Toアドレス , フルスクリーン表示 = "しない"
    これで動いています。

    プログラム名の後ろに、同じスタイルでアドレス等を指定するプロ
    グラムでしたら問題ないと思います。

    もし違うようでしたら、再度プログラムを作成しなおす必要がありますね

    >ところで、このシステムのメールーソフトを
    >アウトルックエキスプレスに出来ないのでしょうか?
    しかし、送信する方に他のプログラムを指定する必要があるのでしょうか


引用返信 [メール受信/OFF]
■148 / ResNo.2)  Re[2]: OutLook(Ex) でメール
□投稿者/ Ogo -(2003/02/15(Sat) 20:00:53)

    > > >ところで、このシステムのメールーソフトを
    > >アウトルックエキスプレスに出来ないのでしょうか?
    > しかし、送信する方に他のプログラムを指定する必要があるのでしょうか

    う〜ん、想像です。
    MS-OutLook(Ex) なんぞを使っていると、普通のメーラーで
    当たり前の事ができなくて驚くようなことがあるもんです。

    実は、自分自身への BCC 同報のことを言っているんですけど。
    「送信履歴」とその内容を自前で保存しておきたい場合、普通の
    メーラーを使っているなら自分自身への BCC 同報なんて当たり前
    の一般的利用だと思うんですが、MS-OutLook(Ex) だと、メール
    送信時にいちいち自分自身を BCC 宛先に指定してやらないとこれ
    を実現できないんですね(実際に MS-OutLook(Ex) ユーザーで、
    こんなことをしている人は見たことない)。

    と言うことで、もしも元質問が「送信履歴とその内容の自前保存」
    を目的としているならば、「自分自身のメールアドレスに BCC で
    同報送信する」ということをメールの標準ルールとして採用する
    だけでいいのでは。





引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■384 / 親記事)  桐10s/桐s版のフラットスタイル・フォームに対応
□投稿者/ ONnoji -(2023/01/20(Fri) 16:48:43)
    この度、【多遊】さんのHPの観験桐(ダウンロードコーナー)で拙作が紹介されました。

    #206 イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.91 版  for 桐10s / 桐sSL

    #205 INF_Framework 第3.3版 改訂版(MkII) サンプル集 for 桐10s / 桐sSL

    #204 INF_Framework 第3.3版 改訂版(MkII) 基本セット for 桐10s / 桐sSL

    なお、ブラウザで拙作が表示されない場合には、F5キーを押してブラウザのリロード(更新)をしてください。
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

    1.For_Kiri10s_INF_Framework_2022_Primary.zip
    2.For_Kiri10s_INF_Framework_2022_Secondary.zip

    3.For_Kiri10s_utx_list3_popup_final_A.zip

    これらは、#201, #202 と #203 の桐10s/桐s版です。

    桐10sバージョンのファイルで提供しているので、桐コンバータで変換する必要がありません。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    もちろん、桐10でも利用可能ですが、

    今回は桐10s/桐s版のフラットスタイル・フォームに対応しているので桐10s/桐s版と呼称しています。

    #201, #202 と #203 との違いは、フラットスタイルのコマンドボタンにマウスポインタがイン(ホバー)した時の違いです。

    前作では、コマンドボタンの背景色を変更しましたが、今作では、さらにコマンドボタンの縁取りを表示するようにしました。

    仕様に関しては 1st_Spec_Memo_ModernUI.txt をご覧ください。

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

    コマンドボタンの形状は、最近の Windows10 などではフラットです。

    桐も桐10sからフォーム(.wfx)でフラットなコマンドボタンが使えるようになりました。

    立体色モードに{"フラット","フラット(縁有り)"}が追加されたのです。

    ところが、困ったことにマウスポインターがホバーしても背景色が変化しないんです。

    さらに"フラット(縁有り)"の縁というのは、フォントの文字色と同じなんですね。

    なので、2020.08 #193の[クラシックUI_モダンUI_変換ユーティリティ]ではホバーした時の背景色だけサポートしました。

    しかし、さすがに"フラット(縁有り)"の縁の色までは無理でした。

    なぜならば、コマンドボタンの標題文字の色と縁の色がセットになっているので下手に手が出せません。

    そこでマウスがホバーした時にコマンドボタンの縁取りを青色にすべく改良工夫しました。

    ロジックは簡単なのですが、コマンドボタンの後面(背後)にラベルオブジェクトを置く必要があります。

    そしてこのラベルは、ヘッダ部、明細部、フッタ部の三か所に用意します。

    これは面倒ですね。

    でも、コマンドボタンの標題文字の色と縁の色がセットになっている以上仕方がありません。

    仕様に関しては 1st_Spec_Memo_ModernUI.txt をご覧ください。

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

    ■フラットスタイル・フォームについて  by ONnoji 2023.01

    INF_Framework 第3.3版 改訂版(MkII) for 桐10s / 桐sSL ではフォームのオブジェクトをフラットなスタイルで表示できます。

    初期値は立体スタイルですが、フォームの[クラシックUI⇔モダンUI変換]ボタンを実行するとフラットなスタイルで表示されます。

    なお、桐10ではフラットなスタイルのフォームのオブジェクトが表示できませんので立体スタイルでお使いください。

    ※添付画像を参照してください。

659×643 => 250×243

1674200923.jpg
/60KB
引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■385 / ResNo.1)  桐10s/桐s版のフラットスタイル・フォームに対応
□投稿者/ ONnoji -(2023/01/20(Fri) 16:49:28)
    ■フラットスタイル・フォームについて  by ONnoji 2023.01

    イベント処理の整形ユーティリティ 第 3.91 版 for 桐10s / 桐sSL ではフォームのオブジェクトをフラットなスタイルで表示できます。

    初期値は立体スタイルですが、フォーム:utx_list3_launcher.wfx のフッタ部の[クラシックUI⇔モダンUI変換]ボタンを実行するとフラットなスタイルで表示されます。

    なお、桐10ではフラットなスタイルのフォームのオブジェクトが表示できませんので立体スタイルでお使いください。

    ※添付画像を参照してください。
361×173 => 250×119

1674200968.jpg
/40KB
引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■361 / 親記事)  #195 #196 INF Framework 第3.3版 INF_DatePicker
□投稿者/ ONnoji -(2021/05/12(Wed) 23:17:08)
    2021/05/15(Sat) 16:45:21 編集(投稿者)
    2021/05/14(Fri) 17:26:58 編集(投稿者)

    虫が見つかってしまった。(^^ゞ

    #196 INF Framework 第3.3版 for 桐10 / 桐10s #195 INF Framework 第3.3版 for 桐9-2012 / 桐9s

    誠にお手数ですが修正願います。m(__)m

     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

    デートピッカー Rev.1 のビーユージーと改修方法

    <現象>

     フォーム:INF_DatePicker_Option で、以下の操作を行った時、次回フォーム:INF_DatePicker を開いた時に反映されない。

     ・日時文字列の形式を変更した
     ・日時文字列の詰め文字(空白・ゼロ・なし)を変更した
     ・クリップボードへコピーをオフにした
     ・文字列型・日時型の変数名を変更した
     ・文字列型専用の変数名を変更した

     ※背景色の変更結果は反映されます

    <改修方法>

     改修方法は、桐10/桐10s INF_DatePicker.kex および 桐9-2012/桐9sINF_DatePicker.kev において共通です。

    ■コピー&ペーストの手順

    1.まず、イベントファイルの 2160行めのコマンドをクリップボードにコピーします。

    2160  &INFmSaveVariableNameList = "&mDimensions, &FSCmFormColor, &mDateTypeNum, &mDateTimeScopeNum, &mPaddingTypeNum, &mClipboardCopy, &m変数名A, &m変数名B" /* , &mSTRvariableUse, &m年月日variableUse */

    ※一般手続き:xINFprcStartup( )の35行め

    2.最後に、2126行めの次の行に、新しい行を挿入して、コピーした 2160行めのコマンドを貼り付けます。

    ※一般手続き:INFprcStartup( )の48行め

    2226  &INFmSaveVariableNameList = #u

       >――――― 新しい行を挿入して、コピーしたコマンドを貼り付けます ―――――<

       ※または、2226行めにコピーしたコマンドを貼り付けで上書きしてもOKです。

    2227  条件 ( &INFmEZWidthUse )               &INFmSaveVariableNameList = "&UTLSORTmKeep, &UTLSORTmPos" /* ソート行保持, ソートピクチャ表示位置 */


    <追記 2021.05.14>

    手操作による改修作業は面倒ですね。

    桐10/桐10s用に添付ファイル:INF_DatePicker_kex.zip を用意しました。

    解凍すると、INF_DatePicker.kex がありますので、上書きしてください。

    桐9-2012/桐9s 用のファイルは、引き続き次の投稿で添付します。

    <追記 2021.05.15>

    添付ファイルを、INF_DatePicker_kex_yamanohi.zip / 72KB に差し替えました。





引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■362 / ResNo.1)  Re[1]: #195 #196 INF Framework 第3.3版 INF_DatePicker
□投稿者/ ONnoji -(2021/05/14(Fri) 17:25:35)
    2021/05/15(Sat) 16:46:39 編集(投稿者)
    2021/05/14(Fri) 17:34:31 編集(投稿者)

    > <追記 2021.05.14>
    >
    > 手操作による改修作業は面倒ですね。
    >
    > 桐10/桐10s用に添付ファイル:INF_DatePicker_kex.zip を用意しました。
    >
    > 解凍すると、INF_DatePicker.kex がありますので、上書きしてください。
    >
    > 桐9-2012/桐9s 用のファイルは、引き続き次の投稿で添付します。

    <追記 2021.05.14>

    手操作による改修作業は面倒ですね。

    桐9-2012/桐9s 用に添付ファイル:INF_DatePicker_kev.zip を用意しました。

    解凍すると、INF_DatePicker.kev がありますので、上書きしてください。

    <追記 2021.05.15>

    添付ファイルを、INF_DatePicker_kev_yamanohi.zip / 52KB に差し替えました。


引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■359 / 親記事)  #198 INF_カード 第1.0版のご紹介
□投稿者/ ONnoji -(2021/04/05(Mon) 11:38:46)
    2021/04/05(Mon) 16:10:57 編集(投稿者)

    【多遊】さんのHPのダウンロードコーナー(観験桐)で、拙作が紹介されました。

     表にデータを登録する際には、表ウィンドウで入力するよりも、カード形式のフォームを利用すると便利です。

     しかし、わざわざカード形式のフォームを作るのは面倒くさいですよね。

     そこで、桐の[ワンタッチフォーム]の利用が考えられますが、機能が限られていて使い易くないですね。

     拙作の「INF_カード」は、桐の[ワンタッチフォーム]の代用/代替として使えます。

     事前の準備は一切不要です、そのままフォームを開くか、付属のランチャーで開くだけで、

     自動的に最大100項目を扱えるカード形式のフォームが完成します。

     詳しくは、ダウンロードコーナー(観験桐)の#198 の「1st_Read_Me_お読みください_INF_カード.txt」よりをご覧ください。


     □ INF_カード 第1.0版 for 桐9-2012 / 桐9s / 桐10 / 桐10s
       付録:INF Framework 第3.3版 改訂版(MkII)
     「1st_Read_Me_お読みください_INF_カード.txt」 より
     
     ■INF_カード.wfm/wfxの特長
      ・桐の[ワンタッチフォーム]の代用/代替として使えます

     ■ソフトの内容
      ・カード形式のフォームの項目名と項目の表示幅をマウスドラッグで変更出来ます。
      ・既存の「オートINF_Framework」、及び「モダンINF_Framework」のカード形式バージョンです。


    重要:#198が常時されない場合には、ブラウザのブラウザの更新ボタン、または、F5キーで更新してください
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    WEBページや画像などのファイルを編集後、転送・表示で確認すると、何も変わらず、古いファイルが表示される場合があります。

    これは速度の向上のため、ブラウザのキャッシュが、前回保存したファイルを表示してしまうからです。

    通常なら、ブラウザの更新ボタン、または、F5キーで更新されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ブラウザキャッシュが強烈に効き過ぎて、再読み込みでも更新されない場合もあります。

    その場合には、スーパーリロードで読み込んでください。

    こちら
     ↓
    ブラウザの更新 スーパーリロード
    http://www.netyasun.com/browser/reload.html



引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■360 / ResNo.1)  Re[1]: #198 INF_カード 第1.0版のご紹介
□投稿者/ ONnoji -(2021/04/08(Thu) 10:15:23)
     1st_INF_カード_第1.0版_説明書 for 桐9-2012 / 桐9s / 桐10 / 桐10s 説明書 2021.03.14

     桐ファイルの拡張子は、使用する桐に合わせて読み替えてください。

     ■INF_カード.wfm/wfxの特長

     ・桐の[ワンタッチフォーム]の代用/代替として使えます

     ・[項目名]と[項目値]はマウスドラッグで幅を縮小/拡大できます
      ⇒ 幅を調節してご利用ください ※幅は記憶されます

     ・項目数は最大で100項目まで表示できます
      ⇒ 項目数がオーバーする場合には、メッセージでお知らせします

     ・[フォームスクロールバー]を上下に動かすとすべての項目を閲覧できます

     ・フォームウィンドウは[サイズ変更可]です
      ⇒ 幅と高さを調節してご利用ください ※幅と高さは記憶されます

     ・[最終項目]で[Enter]キーを押すと次のレコードへ進みます

     ・ON/OFFボタンで項目値を範囲選択する/しないを選べます

     ・虫目眼鏡(+)/(-)ボタンでフォームの表示倍率を変更できます
      ⇒ 表示倍率を調節してご利用ください ※表示倍率は記憶されます

     <制限事項>

     ・INF_カード.wfm/.wfx は[サブフォーム]として利用できません

     ・[書き出し:表の枠組み]に条件名「作業用forIPS_form」を登録します
      ⇒ そのために初回だけ表がダーティーになりますが、
        次回以降からはダーティーになりません

     ■INF_表とカードのランチャー.wfm/wfxの使い方

     ・INF_表とカードのランチャー.wfm/wfxは、表ウィンドウとカード形式フォーム(INF_カード.wfm/wfx)をボタンひとつで起動できるソフトウェアです。

     1.まず、INF_表とカードのランチャー.wfm/wfxを開いてください。

     2.次に、以下のいずれかのボタンを実行して、表ウィンドウとカード形式フォーム(INF_カード.wfm/wfx)を開きます。

      a.開くダイアログで表を選びます

      b.表のウィンドウ一覧から選びます

      c.以前開いた表ファイルを開きます

     3.以上で、表ウィンドウが開いて、カード形式フォームが開きます。

      ・ランチャーからINF_カード.wfm/wfx を開いた場合、フォームの編集対象表は多重化されています。

     4.その他の方法でINF_カード.wfm/wfxを開く場合には、既存のオートINF_Frameworkの使い方と同じです

      ・ランチャーを使わずにINF_カード.wfm/wfx を開いた場合、[フォームで使用する編集対象表を選択]ダイアログで編集対象表を選択します。
        先に表( .tbl/tbx )を開いて、[表示]メニュー →[フォームの選択]を実行してもOKです。
        この場合には、[フォームで使用する編集対象表を選択]ダイアログをスルー出来ます。

      ・表示中のINF_カード.wfm/wfx は、toy_launcher3.wfm/wfx に登録できます。


      New!               New!         ※登録する際にはアイテム名を[INF_カード+表名]とします
     ┌───────────┐    ┌──────────┐    ┌───────────┐
     │           │    │          ├⇒⇒登録┤           │
     │INF_表とカードの   │    │INF_カード.wfm/wfx │    │toy_launcher3.wfm/wfx │
     │ランチャー.wfm/wfx  ├開く→→┤          │    │           │
     │           │    │          ├←←開く┤           │
     │           │    │          │    │           │
     └────┬──────┘    └────┬─────┘    └───────────┘
          開く               ↑
          ↓               切り替える
          ↓                ↓
     ┌────┴──────┐    ┌────┴─────┐
     │           │    │          │
     │表のウィンドウ.tbl/tbx├────┤フォームの編集対象表│
     │           │ 多重化 │          │
     │           ├────┤          │
     │           │    │          │
     └───────────┘    └──────────┘

     ※すでに対象のウィンドウが存在する場合には、[開く]ではなく[フォーカス]します

     ■その他

      テキストボックスの高さ・・・15ポイント

      行間は次のように変化します。

      10項目以下・・・2ポイント
      50項目以下・・・1ポイント
      それ以上  ・・・0.5ポイント

      ┌┬───────┬─┐------
      ││ヘッダ部   │△│  ↑
      ││--------------│--│----│----------------
      ││       │ │  │       ↑
      ││ウィンドウに │ │  │       │
      ││表示している │ │          │
      ││明細部    │ │ フォームの    │
      ││       │ │ ウィンドウ    │
      ││       │ │  │       │
      ││       │ │  │
      ││       │ │  │
      ││       │ │  │     明細部の高さ
      ││       │▽│  ↓
      └┼───────┼─┘------       │
       │       │            │
       │       │            │
       │ウィンドウに │            │
       │表示していない│            │
       │明細部    │            │
       │       │            │
       │       │            ↓
       └───────┘--------------------------


     ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


     ■付録:INF Framework 第3.3版 改訂版(MkII)

    【桐10 / 桐10s ファイル】 ※桐9-2012 / 桐9sでは利用できません

     V10s_IPS_form_ヘルプ.tbx
     V10s_オートINF_Framework_MkII.kex
     V10s_オートINF_Framework_MkII.wfx … INF Framework 第3.3版 改訂版

    【桐9-2012 / 桐9s ファイル】※桐10 / 桐10sで使用する場合には、桐コンバータで変換してください。

     V9_IPS_form_ヘルプ.tbl
     V9_オートINF_Framework_MkII.kev
     V9_オートINF_Framework_MkII.wfm … INF Framework 第3.3版 改訂版


     ・旧版と新版(MkII)は、ヘッダ部のボタンが次のように異なります。

                 改訂によって、このボタンは新版(MkII)では存在しません
                        ↓
     旧版    [表示条件の読み込み][項目表示幅の調整][表示する項目を選択]
               ↑                    ↑
              同 じ       ┌────同 じ────┘
               ↓        ↓         New!       New!
     新版(MkII) [表示条件の読み込み][表示する項目を選択][表示条件の登録][表示条件の削除]
                                     ↑     ↑
                               この2つのボタンが新版(_MkII)で追加されました


     以上





引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]






100956

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -