HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

《 桐に関する質問は、「桐質問掲示板」からどうぞ 》
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal桐と外部DB(10) | NomalSQL Server 2017 Express か Developer のインストールについて(7) | Nomalこのページって何!?(8) | Nomal桐をタブレットにインストールしたい(6) | Nomal桐の一括処理の本が欲しい(2) | Nomal拙作:HPのリニューアルに関して(2) | Nomalもし、下記で意図が通じましたら・・・(2) | Nomal投稿の引用について(9) | Nomalhttps://www.kthree.co.jp/ の脆弱性(3) | Nomal入力方式(5) | Nomal入力フォームで条件によってカーソルととばしたい(0) | Nomalイベントファイルの絞り込み(2) | Nomal Windows10 の「以前のバージョン」(1) | Nomal桐カレンダーからの日付の入力(1) | Nomal新元号の桐対応は(2) | NomalWIN上で パス名を取得する方法?(2) | Nomal桐9 / 桐9s で .xls ファイルが開けない!?(10) | Nomal今は、『桐』だけ のホームページがかわった(1) | Nomal手続き定義開始について(0) | Nomalgoogleのストリートビューが(1) | NomalPC買いました(^^;)(13) | NomalWin10ライセンス認証(1) | Nomalおっちゃんとか・・・(0) | Nomalファイルパレットでファイルを選択すると(6) | NomalGPS・・って(11) | Nomal桐関数で(6) | Nomal桐9から桐10 結合表について(1) | Nomal「ポケモンGO」試しました(2) | Nomal入力支援ボタン利用で(2) | NomalWindows 8.1 N ・ KN エディション(1) | Nomalwin10 と、桐9(15) | Nomal電球のスイッチ(6) | Nomal桐質問掲示板の「FTPサーバー」について(8) | NomalODBCドライバー(6) | Nomalコマンドパラメータの初期値で、(3) | Nomalマシン買い換えようかな?(2) | Nomalwordpress・mysql(1) | Nomalお久しぶりです(^^)v(6) | Nomalテレビのニュースで驚き・・・(0) | Nomal確定申告・・・・(2) | Nomalメモリーカード(3) | Nomal桐10の更新情報(0) | NomalPDFのカラーとモノクロ・・ファイルサイズ(4) | Nomal桐のカスタマイズ(4) | Nomalエラーメッセージ表示で(0) | Nomal桐ヘルプで、Ctrl+C と、コピー(7) | Nomalネットワークと、ドライブ割り当て(6) | Nomalシェル実行(1) | NomalここのHP利用サーバから(0) | Nomal桐10利用で(12) | Nomal桐を使う目的は(2) | Nomal桐の新しい使い方・・?(0) | Nomalホテルの、ネット接続(3) | Nomal共有情報管理ファイル(9) | Nomal桐の、Win10対応は(2) | NomalMS-IMEの 郵便番号辞書更新は(0) | Nomal物品購入時の価格は・・・(1) | Nomal◇ Windows 10のアップグレード(3) | Nomal桐10は本当に買いですか?(12) | NomalWin7 の「画面の解像度」(9) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■1266 / 親記事)  桐と外部DB
□投稿者/ hidetake -(2018/12/07(Fri) 10:13:42)
    2018/12/14(Fri) 09:07:56 編集(投稿者)

    桐で使用する「DB」ですが、桐のテーブルを
    共有し、その善し悪しも一定量理解した上で、
    それなりのシステムを作るならば、桐のテーブル
    にこだわり続けるよりも、「外部DB」+SQLサーバ
    構築するのもありだと思う。

    マイクロソフトのSQL Server は、
    無償バージョンでも今となっては
    -----------------------------------------
    SQL Server 2017 Express エディション
    コア数:4コア
    メモリ:1,410MB (インスタンスあたり)
    最大データベースサイズ:10GB
    -----------------------------------------
    と、相当な規模のシステムを組まない限り、
    無償バージョンでもいける仕様となっていま
    す。
    マイクロソフト自身も、それぐらいの規模
    だったら「Express エディション」で十分
    じゃないですかって、指南してくれる。

    PostgreSQL に始まり、MySQL に少し手を
    染めて、SQL Server も使っている身として
    は、「SQL Server Express エディション」
    +桐というのは、とても良い環境だと思う。

    https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-2017-editions

    # hidetake の記載物を【多遊】さんのサイト・掲示板以外に
    # (引用の範囲を超えて)転載する場合は、無償サイトであれ、
    # 有償サイトであれ、非公開サイトであれ、元記事にリンクを
    # 貼って下さい。
    # 内容については、若い頃ネット上に書いたものは copyleft
    # 宣言したような気がします。
    # なお、【多遊】さんやほかの方の権利はその方々にあります。
    #
    # と、書いてみるテスト。

引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス10件(ResNo.6-10 表示)]
■1280 / ResNo.6)  Re[5]: 桐と外部DB
□投稿者/ hidetake -(2018/12/14(Fri) 08:19:54)
    2018/12/14(Fri) 09:08:18 編集(投稿者)

    > SQL Server 側でビューをつくって、それを桐で参照
    > しています。もちろん、そのビューに対しての抽出
    > 条件は、桐側のパラメータで指定し抽出しています。

    これは、ODBCドライバと桐の連携の関係もあります。
    桐は ODBCに対し、テーブルのエイリアスに対応して
    いるか確認し、対応してればテーブル名をエイリアス
    で問い合わせます。A1、A2、A3 …

    なので、#DSQL で SQL を投げかけると、桐は
    パススルーで処理するので、テーブル名を実名で無く
    エイリアスで使っているエイリアス名で指定する必要が
    出てきます。

    Mcrosoft SQL Server に対し桐はエイリアス名で処理
    するので、その辺もいろいろ面倒が出てくる。

    それならば、最初から SQL Server 側でビューで処理
    した方が簡単だと言うことで結果です。

    SQL Server Management Studio (SSMS) も常時使う
    ことに、使いこなすことになります。

    # hidetake の記載物を【多遊】さんのサイト・掲示板以外に
    # (引用の範囲を超えて)転載する場合は、無償サイトであれ、
    # 有償サイトであれ、非公開サイトであれ、元記事にリンクを
    # 貼って下さい。
    # 内容については、若い頃ネット上に書いたものは copyleft
    # 宣言したような気がします。
    # なお、【多遊】さんやほかの方の権利はその方々にあります。
    #
    # と、書いてみるテスト。

引用返信 [メール受信/OFF]
■1283 / ResNo.7)  Re[6]: 桐と外部DB
□投稿者/ hidetake -(2018/12/16(Sun) 12:47:31)
    桐で「外部DB」を本格的に使うには、SQL文をそのまま
    SQL に流したいことも多くなります。必要になります。

    その場合は、VBScript で投げかけることも可能では
    ありけど、やはり桐内で完結できた方がスマートです。

    ただ、このやり方は桐の脆弱性を突いたトリッキーな
    方式です。桐9 でも 桐10 でも一応使えます。

    そのような場合は、SQL Server 側に作業用のテーブル
    を1つくります。

    適当で構わないのですがサンプル的には
    ----------------------------------------------------------------------------------
    USE [TEST_DB]
    GO

    /****** Object: Table [dbo].[tblWork] Script Date: 2018/12/16 12:21:30 ******/
    SET ANSI_NULLS ON
    GO

    SET QUOTED_IDENTIFIER ON
    GO

    CREATE TABLE [dbo].[tblWork](
    [id] [bigint] NOT NULL,
    [name] [nchar](10) NULL,
    [count] [bigint] NULL,
    CONSTRAINT [PK_tblWork] PRIMARY KEY CLUSTERED
    (
    [id] ASC
    )WITH (PAD_INDEX = OFF, STATISTICS_NORECOMPUTE = OFF, IGNORE_DUP_KEY = OFF, ALLOW_ROW_LOCKS = ON, ALLOW_PAGE_LOCKS = ON) ON [PRIMARY]
    ) ON [PRIMARY]

    GO
    ----------------------------------------------------------------------------------

    桐側の .XVX は添付する画像のように

    tblWork に対し、

    ----------------------------------------------------------------------------------
    表示項目名 所属対象表 項目/計算式 データ型 抽出
    項目000 (計算項目) &SQL 文字列 レ
    項目001 (計算項目) " " 文字列 レ
    項目002 (計算項目) " " 文字列 レ
    項目003 (計算項目) " " 文字列 レ
    項目004 (計算項目) " " 文字列 レ
    項目005 (計算項目) " " 文字列 レ





    (必要な項目数で)
    ----------------------------------------------------------------------------------
    パラメータ変数として「SQL:文字列」を設定します。


    そしたら、あとは &SQL 次のような値を代入し外部DBを
    開くことで、実行可能です。

    例えは、トリガーを無効にしたい場合は
     &SQL="件数',count(*) FROM tblWork; ALTER TABLE [tblName] DISABLE TRIGGER ALL; -- "

    例えは、トリガーを有効にしたい場合は
     &SQL="件数',count(*) FROM tblWork; ALTER TABLE [tblName] ENABLE TRIGGER ALL; -- "

    例えば、任意のテーブルを開きたい場合は
     &SQL="', * FROM tblName ; -- "


    元記事は下記にありますが、わかりやすいようにまとめ
    ました。

    http://tayu.o0o0.jp/bbs/kiri/cbbs.cgi?mode=al2&namber=5556&page=0&rev=0&no=0&KLOG=36



    # hidetake の記載物を【多遊】さんのサイト・掲示板以外に
    # (引用の範囲を超えて)転載する場合は、無償サイトであれ、
    # 有償サイトであれ、非公開サイトであれ、元記事にリンクを
    # 貼って下さい。
    # 内容については、若い頃ネット上に書いたものは copyleft
    # 宣言したような気がします。
    # なお、【多遊】さんやほかの方の権利はその方々にあります。
    #
    # と、書いてみるテスト。
861×773 => 250×224

1544932051.png
/82KB
引用返信 [メール受信/OFF]
■1287 / ResNo.8)  Re[7]: 桐と外部DB
□投稿者/ hidetake -(2018/12/16(Sun) 19:02:11)
    > SQL Server Express は有償バージョンと
    > 違って、タスクをスケジュールで使うことが
    > できない。すなわち、スケジュールでバック
    > アップを取ったり、スケジュールで、DB を
    > 最適化したり、圧縮することは出来ないの
    > ですが、バックアップについては、タスク
    > スケジューラで、SQLPS.exe を使ったり、
    > Power Shell で取る事も可能です。

    本文に書くと、迷惑投稿で書き込めないので
    添付ファイルにしてみます。



    # hidetake の記載物を【多遊】さんのサイト・掲示板以外に
    # (引用の範囲を超えて)転載する場合は、無償サイトであれ、
    # 有償サイトであれ、非公開サイトであれ、元記事にリンクを
    # 貼って下さい。
    # 内容については、若い頃ネット上に書いたものは copyleft
    # 宣言したような気がします。
    # なお、【多遊】さんやほかの方の権利はその方々にあります。
    #
    # と、書いてみるテスト。

1544954531.txt
/3KB
引用返信 [メール受信/OFF]
■1298 / ResNo.9)  Re[1]: 桐と外部DB
□投稿者/ hidetake -(2019/02/23(Sat) 19:20:55)
    > マイクロソフトのSQL Server は、
    > 無償バージョンでも今となっては
    > -----------------------------------------
    > SQL Server 2017 Express エディション
    > コア数:4コア
    > メモリ:1,410MB (インスタンスあたり)
    > 最大データベースサイズ:10GB
    > -----------------------------------------

    WSUS を構築するにあたり、WSUS 用のサーバに標準の
    Windows Internal Database (WID) ではなく、
    SQL Server 2017 Express エディション を入れて試して
    いるけど、最初の段階で 2.5GB 以上のメモリを使用して
    いて不思議に思ったが,落ち着いたら 500MB 程しか
    使わないが、更新ファイルの対象を再設定して、同期を
    かけたら SQL サーバは全体で 3.8GB 程のメモリを使って
    くれている。ちゃんと使ってくれるんだ!?



684×947 => 180×250

SQLServer2017ExpressEditionMemory.png
/71KB
引用返信 [メール受信/OFF]
■1299 / ResNo.10)  Re[2]: 桐と外部DB
□投稿者/ hidetake -(2019/02/23(Sat) 19:34:15)
    > WSUS を構築するにあたり、WSUS 用のサーバに標準の
    > Windows Internal Database (WID) ではなく、
    > SQL Server 2017 Express エディション を入れて試して
    > いるけど、最初の段階で 2.5GB 以上のメモリを使用して
    > いて不思議に思ったが,落ち着いたら 500MB 程しか
    > 使わないが、更新ファイルの対象を再設定して、同期を
    > かけたら SQL サーバは全体で 3.8GB 程のメモリを使って
    > くれている。ちゃんと使ってくれるんだ!?

    リソースモニターの値
1361×608 => 250×111

SQLServer2017ExpressEditionMemory2.png
/48KB
引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-10]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■1290 / 親記事)  SQL Server 2017 Express か Developer のインストールについて
□投稿者/ くおんたむ -(2019/01/19(Sat) 11:52:33)
    どうも、初歩的な事で、申し訳ないです。

    SQL Server 2017 Express か Developerをインストールについてです。
    システムの開発を依頼され、そのテスト用にSQL Server を導入しようと
    考えています。

    CドライブがSDDで、DドライブがHDDの構成となっており、
    DドライブにSQL Serverを入れたいと考えております。

    @ Dドライブにインストールは可能なのでしょうか?
    A それとも、CドライブにSQL Server をインストールし、データを
      Dドライブにて運用する事が可能でしょうか?

    インストール手順がありましたら、ご教示お願いいたします。

    ネットで色々と情報を集めているところですが、そういった例が
    少ないようですので、ここで質問させて頂きました。

    すみませんが、よろしくお願いします。

引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス7件(ResNo.3-7 表示)]
■1293 / ResNo.3)  Re[1]: SQL Server 2017 Express か Developer のインストールについて
□投稿者/ 尾形 -(2019/01/20(Sun) 08:27:33)
    SSDの書き込み対策かと思いますが


    桐もそうかと思いますけど
    桐をDドライブにインストールしても
    桐の作業フォルダまできちんと設定しないと
    結局、SSDのCドライブで書き込み作業するかと思います


    多分、SQLサーバも同じ感じでないかと
    作業領域の設定とか勉強しないと効果が少ないかもです


    SSDに書き込みしていい気もしますけど

引用返信 [メール受信/OFF]
■1294 / ResNo.4)  Re[2]: SQL Server 2017 Express か Developer のインストールについて
□投稿者/ hidetake -(2019/01/20(Sun) 08:29:09)
    > 桐+外部dbの話題がでるとうれしいです

    > 桐共有での苦労より、外部dbでの苦労の方が
    > やりがいはあるかと思います

    そうですね。

    Microsoft SQL Server は、インストールは
    やってみれば直ぐにわかりますが、C でも D でも
    インストールは可能です。

    それに、インストール後のデータ作成も、
    インストール先にかかわらず、任意の場所に
    データ(&ログも)は置くことはできます。

    システムデータベースやログの置き場も変更
    できたと思います。
引用返信 [メール受信/OFF]
■1295 / ResNo.5)  Re[2]: SQL Server 2017 Express か Developer のインストールについて
□投稿者/ hidetake -(2019/01/20(Sun) 09:01:32)
    2019/01/20(Sun) 09:05:03 編集(投稿者)

    > SSDに書き込みしていい気もしますけど

    SSD の耐久性を今どき気にされるならば、
    サーバ(PC?)自体に SSD を選択すべきで
    ないと、私は思います。

    SSD の快適性は使っている方にとっては
    当たり前のことですけれど、

    SQL Server 2017 Express の最大データ
    ベースサイズって、最大で、たがが 10GB
    です。

    サーバでも今では SSD の選択が比較的
    簡単に行えるようになりました。
    ただ、価格の問題はあり、容量の関係で
    HDD を選ばざるを得ない場合も多いです。

    データセンターで提供される VPS でも
    SSD の選択が低価格で可能になっています。
    もちろん、容量の関係で HDD の選択肢も
    ありますけど、

    レンタルサーバで安価な部類の Zenlogic
    だって、Yahoo!基盤だろうと AWS基盤だ
    ろうと、ストレージは SSD です。
    みなさんそこで DB を使われています。

    もちろん、SSD だろうが HDD だろうが
    バックアップは重要なわけで、もし C の
    SSD にデータを置いても HDD にバック
    アップを取れば良いんじゃないですか。

    書き込み容量制限を気にしだしたら、
    Windows自体のテンポラリファイルや
    スワップファイルの書き込みも気にしな
    くちゃならなくなって、それを HDD の
    D に移すなんてことしていたら、SSD の
    意味は無くなってしまいます。


    だからといって、SQL Server で、桐で
    使うぐらいの用途・容量でしたら、
    ちゃんとSQL 的な使い方をすれば、
    データを SSD に置こうと、HDD に置こ
    うと、それほど大きな差は出ないよう
    な気がします。

引用返信 [メール受信/OFF]
■1296 / ResNo.6)  Re[3]: SQL Server 2017 Express か Developer のインストールについて
□投稿者/ hidetake -(2019/01/20(Sun) 10:22:07)
    > もちろん、SSD だろうが HDD だろうが
    > バックアップは重要なわけで、もし C の
    > SSD にデータを置いても HDD にバック
    > アップを取れば良いんじゃないですか。

    いろいろと妄想も出て、話しは拡大しすぎますが

    もし、Cドライブに十分な空き容量があるならば、
    Cドライブ領域を切り詰め 30GB 程度の空きを造り、
    それを別ドライブにする。仮に E としますが。

    そこに SQL Server のデータを置く。
    そして、E ドライブを頻繁にボリュームシャドー
    コピーを取るようにする。例えば1時間毎とか。

    その際にボリュームシャドーコピーの保存場所は
    HDD の Dドライブに置くようにする。

    VSSスナップショットの場所を移動する方法
    https://barracuda.atlassian.net/wiki/spaces/BB/pages/36405252/VSS

    もちろん、メモリ上にデータが残っているような
    DB に常時フルアクセスするような高稼動な DB
    では無いものとしてですが。

    ※何故に別ドライブにするかは Cドライブ全体の
     VSS 取ると、パフォーマンス上タイムロスは
     生じるので。

    それと私自身は、別ドライブに VSS 取った経験は
    無いのでパフォーマンスはどのようなものかは
    わかりません。

    VSS の履歴は Windows の場合 36だったかな!?
    だから1時間に1回 VSS 取ったら 36時間しか
    持たないので、もちろん、夜間に通常のバック
    アップは必要です。



    私自身は、システムの障害時に短時間で復旧させる
    手段として、物理サーバ上に仮想サーバをたて、
    その仮想サーバ上で SQL Server 等のシステムは
    稼動させています。

    そして、もう1台の物理サーバを用意し、仮想を
    有効にし、システムの動いている仮想サーバを
    もう1台の物理サーバ上の仮想領域にレプリケー
    ションを取っています。

    もし、メインサーバに障害が発生したら、予備の
    サーバの仮想サーバをフェールオーバーし稼働させ
    ます。復旧時間を短くするためです。


    システムのことを考え出すと楽しいし、いろんな
    工夫も出てきます。

引用返信 [メール受信/OFF]
■1297 / ResNo.7)  Re[1]: SQL Server 2017 Express か Developer のインストールについて
□投稿者/ くおんたむ -(2019/01/27(Sun) 11:58:00)
    どうも、hidetakeさん、尾形さん

    連名レスで失礼いたします。

    とりあえず、SQL Server Developer 2017をSSDのあるCドライブに
    インストールし、データ類をHDDのFドライブに指定して、動作してみる
    事とします。

    この頃、忙しく、中々返信を送ることができず、失礼いたします。

    色々とありがとうございます。
    これから、弄ってみたいと思います。
引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■1267 / 親記事)  このページって何!?
□投稿者/ hidetake -(2018/12/10(Mon) 22:21:40)
引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス8件(ResNo.4-8 表示)]
■1271 / ResNo.4)  Re[2]: このページって何!?
□投稿者/ hidetake -(2018/12/11(Tue) 20:39:07)
    Vision Makerさん

    残念です。

    桐のコミュニティは、30年以上も前からあり、
    パソコン通信の時代やインターネットの時代に
    なっても、場所は移りつつも、善意の方々の
    ボランティア精神で成り立っています。お互い
    の助け合い精神です。

    そして、そう言う「場」を提供して頂く方に
    感謝も含め、お互いに無償の愛を提供してきて
    ものと思います。見返りも、感謝なんて言う
    のもいらない、誰かの役に立ってくれたらあり
    がたい。その結果、桐を知り、桐を役立て、
    その結果、仕事が楽になったり、そして、お互
    いに成長できたら、それがこの上ない喜びと、
    わたしは関わってきました。
    そして、桐がみんなの役にたち、桐が繁栄すれ
    ばと思ってきました。

    Vision Make さん以外にも、引用の範囲を越え、
    ほぼ転載の方もおられます。そう言う場所にも
    疑問は持ちつつありましたが、それで金儲けを
    されているわけでもなく、黙認では無いです
    けど黙ってもおりました。

    今回は、それが、人のコメントをそのままに
    有料とか、あり得ない状況でした。

    今後は、桐の繁栄のためにつくしていただけ
    たらと思います。

    柳田秀剛

引用返信 [メール受信/OFF]
■1272 / ResNo.5)  Re[3]: このページって何!?
□投稿者/ Vision Maker -(2018/12/11(Tue) 21:44:00)
    hidetakeさんや、管理者の多遊さん他始め、桐質問掲示板を愛する皆さんにご迷惑をかけましたこと、本当にすいませんでした。

    有料化した部分は、すべて無料にして開放します。
    ちなみに、入金は一件もございませんでした。

    有料版と無料版を作っており、無料版は、桐質問掲示板を多く引用しており、こちらは、閉鎖したいと思います。

    有料版の方は、桐質問掲示板を引用したものは、あまり、ありませんので、桐質問掲示板からの引用に関することはすべて削除します。

    以上のことを早急に対応したいと思います。少なくとも1週間をめどに対応したいと思います。

引用返信 [メール受信/OFF]
■1273 / ResNo.6)  Re[4]: このページって何!?
□投稿者/ hidetake -(2018/12/11(Tue) 22:26:50)
    過去に、ここの掲示板ではありませんが、幅田さんの掲示板で
    桐の活発な交流があった時代、その内容を掲示板だけでなく、
    桐ユーザにより役立てる方法は無いかと、書籍化、CD-ROM化し
    ようと言う話しがありましたが、幅田さんから、その掲示板に
    書いているわたしのところにも、次のようなお願いのメールが
    届いてもおります。

    2000年12月の古い話ではありますが、

    ---------------------------------------------------------

    柳田 秀剛 様
    「桐って知ってますか」管理者の幅田と申します。
    いつも掲示板「桐井戸端BBS」をご利用いただき誠にありがとう
    ございます。(このメールは桐井戸端BBSにコメントをいただいた
    方々へお送りしています。)

    桐井戸端BBSは、1997年11月に開設以来約3年。その間現在まで
    コメント数、約9,000件弱。コメントをいただいた方々は1,000人弱を
    数えるまでになりました。
    また、過去のBBSにされた記事についても1,500件を超える数に
    なっております。
    これほどまでに成長したのも、すべて皆様方からの桐に対する
    熱い思いのこもったコメントをいただいたからこそと、管理者として
    深く感謝しております。

    そのような中、昨年、桐井戸端BBSをもとにした解説本を出そうと
    のお話しが持ち上がりましたが、いろいろな事情のためなかなか前に
    進んでいませんでした。

    やはり出版業界の情勢もかなり厳しいらしく、儲からない桐の本の
    お話しなんて誰も相手にしてくれないのかなと思っていたところ、
    実はこのたび、管理工学研究所の武田さんより、この桐井戸端BBSの
    過去ログをCD書籍として発刊したい、とのお話しをお受けいたしました。

    ネット上では全文検索システムはあるものの、通信環境等の理由で
    なかなか使いにくいのが現状です。
    そこで、膨大な量になった過去のBBSのデータをCD−ROMに収め、
    いつでもどこでも利用していただけるようにしようとのことから
    このお話が進んできました。

    なかなか出版されない桐の本。巷ではもう桐は終わったのかとの
    声も聞かれますが、いやそうではないのだということを示すためにも
    桐の本としてショップに並べてもらうことだけでも意義あることでは
    ないかと思っておりますので、どうかこの企画にご理解とご賛同のほど
    よろしくお願い申し上げます。

    CDには本年12月末までに桐井戸端BBSに寄せられ、過去のBBSと
    なった全記事を収録し、書籍の本文は管理工学の武田さんと、少しだけ
    私が書くことになる予定です。発刊は今のところ来年2月頃を予定しています。

    また、下記の管理工学研究所の武田氏からも皆様がたへのメッセージを
    いただいておりますので、あわせてお読みいただきこの趣旨をお酌み取り
    いただきたいと思います。

    以下武田氏より皆様方へ
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    初めまして、私は管理工学研究所の広報を担当している武田と申します。
    桐井戸端BBSに参加して頂いている皆様には、常日ごろから、
    心強い応援をしていただき本当にありがとうございます。

    桐井戸端の過去ログは、桐を使っていて困った時の最強の
    道しるべとなり、今までも多数の桐ユーザーの助けとなっていました。
    管理工学研究所の力不足を皆様に後押ししていただき
    こんな幸せなソフトハウスは世界中探しても他には無い!と
    本当に感謝の念に堪えません。

    今回、幅田さんにお願いしてこのmailをお送りいたしましたのは
    「桐井戸端の過去ログをCD-ROM」にして
    広く桐ユーザーの方々にこの道しるべを知って貰いたい
    と考えたからです。

    皆様の知恵と熱意がインターネットの掲示板を発信元として
    より検索しやすいCDになることを是非とも賛同していただきたく
    お願い申し上げます。

    CDの配付形態はパソコン書籍として全国のパソコンショップに並べたいと
    考えています。皆様の知恵と熱意を商売に利用するかのように見えるのが
    気になりますが、真意は「インターネットより使いやすいCDを桐ユーザーに
    手に取っ手貰う為の書籍」であることを是非とも理解していただけたらと
    思っています。
    重ねて、宜しくお願い申し上げます。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    ---------------------------------------------------------

    幅田さんの掲示板では、あったのですが、そこに書いている方々
    にもその内容を書籍化して良いか、CD-ROM化 して良いかの確認を
    丁寧にしっかりとなされて、同意を得て CD-ROM化 なされました。

    著作権とか、このような善意で成り立っている掲示板を利用すると
    言うことは、主催者でも当然のことながら、そこに書かれている
    方々の存在、同意をも、含めて、成り立っている言うことを理解
    されての行動であり、理解できる内容でもありました。

    こう言う方々の努力も含め、わたしも少しは桐のために出来ること
    は参加したいと思ってはおります。


引用返信 [メール受信/OFF]
■1274 / ResNo.7)  Re[2]: このページって何!?
□投稿者/ hidetake -(2018/12/12(Wed) 06:58:31)
引用返信 [メール受信/OFF]
■1289 / ResNo.8)  Re[3]: このページって何!?
□投稿者/ hidetake -(2018/12/22(Sat) 16:56:36)
    2018/12/22(Sat) 17:04:12 編集(投稿者)

    著作物が自由に使える場合は?
    http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime7.html

    > 自由に使える場合
    > 私的使用のための複製(著作権法第30条)
    > 自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために
    > 著作物を複製することができる。


    著作権法
    http://www.cric.or.jp/db/domestic/a1_index.html#030

    > (私的使用のための複製)



    自分自身や家族など限られた範囲内なら、免除される場合も
    ある。でも、第三者が絡んでくる場合はダメだと言うこと
    ですね。公開・非公開に関わらず。

    もちろん、コピープロテクションや著作権の明示的にある
    ものを不正コピーなどして利用することは、私的使用のため
    の複製も許されていない。と言うのは一般的な解釈だと思い
    ます。

    もちろん、その著作権を持つ方々、全ての許可を得ている
    場合は、それは許可を得た行為なので問題は無いのでしょう
    が。


    例えば、この掲示板の場合は、単一コメントの場合は、投稿
    者および【多遊】さん、コメントツリーならば、それに関わる
    投稿者全員と【多遊】さん。

    ※転載フリーとか、【多遊】さんのサイトには何も書かれて
     なかったように思いますので。

引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■1256 / 親記事)  桐をタブレットにインストールしたい
□投稿者/ Visoin Maker -(2018/10/22(Mon) 05:36:21)
    2018/10/22(Mon) 05:42:08 編集(投稿者)

    桐10s Win10(ノートパソコン)

    会員にバーコードを印刷したカードを渡し、バーコードリーダーで出欠の記録をしたいと思っているのですが、ノートパソコンでは、持ち運びにとても不便です。

    以前、まさやんさんが、タブレットで桐を使っているとおっしゃていたので、桐をインストールできるのだと思うのですが、どのようなタブレットを購入すれば、良いのか教えていただけないでしょうか。

    1.桐がインストールできる。
    2.バーコードリーダーのUSB端子がつなげる。
    3.できたら、価格の安いものが良い。

    ただの、構想なのでかならず実行するとは限りませんが、よろしくお願いします。

    追伸
    インストールするには、CDで可能でしょうか。

引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス6件(ResNo.2-6 表示)]
■1259 / ResNo.2)  Re[2]: 桐をタブレットにインストールしたい
□投稿者/ Vision Maker -(2018/10/23(Tue) 15:58:42)
    今村 誠さん

    ご回答ありがとうございます。

    >デスクトップパソコンで桐のインストールCDをUSBにコピーして、桐を削除したデスクトップでインストール

    >最低でもwindowsでないと不安だと思います。

    タブレットパソコンが思った以上に高価でした。

    出欠は、学校と同じように声に出して出席をとるか、代表者に一覧表にまるをつけてもらう、超アナログな形で対応しようと思います。
解決済み!
引用返信 [メール受信/OFF]
■1260 / ResNo.3)  Re[3]: 桐をタブレットにインストールしたい
□投稿者/ 今村 誠 -(2018/10/25(Thu) 12:24:06)
引用返信 [メール受信/OFF]
■1261 / ResNo.4)  Re[4]: 桐をタブレットにインストールしたい
□投稿者/ Vision Maker -(2018/10/25(Thu) 17:04:22)
    今村 誠さん

    こんにちは。

    > インストールは桐10ですが、CD→USBコピー後にインストールは簡単でした。
    > ただし認証が無いとすぐ使えなくなると思います。

    試していただいてありがとうございます。できるのですね。

    >>タブレットパソコンが思った以上に高価でした。
    > いくらからが高価かは分かりませんがcpuさえ落とせばそこそこ
    > の価格じゃ無いでしょうか。

    費用対効果が認められれば、購入可能かもしれません。

    今は、購入できそうにありません。

引用返信 [メール受信/OFF]
■1262 / ResNo.5)  Re[1]: 桐をタブレットにインストールしたい
□投稿者/ まさやん -(2018/10/26(Fri) 23:16:19)
    > 以前、まさやんさんが、タブレットで桐を使っているとおっしゃていたので、桐をインストールできるのだと思うのですが、どのようなタブレットを購入すれば、良いのか教えていただけないでしょうか。

    はい 前はタブレット エーサー で桐を入れて稼働していました。
    今は  Surface で 活用しています。

    が、 桐9sを入れています。
    桐10でも インストールできます。

    基本的に winマシンだと 桐は大丈夫だと思います。
    安いのは 5万程度のマシンがあるかと思います。

    CPU次第なので 処理の遅いのは 負担に感じなければ大丈夫かと。

    インストールも 問題なく USBで 出来ました。

    ただ 画面の小さいのは 大変かと思います。
    タブレットでも 便利に使っていますよ。

引用返信 [メール受信/OFF]
■1263 / ResNo.6)  Re[2]: 桐をタブレットにインストールしたい
□投稿者/ Vision Maker -(2018/10/27(Sat) 11:14:45)
    まさやんさん

    ご回答ありがとうございます。

    > はい 前はタブレット エーサー で桐を入れて稼働していました。
    > 今は  Surface で 活用しています。
    >
    > が、 桐9sを入れています。
    > 桐10でも インストールできます。
    >
    > 基本的に winマシンだと 桐は大丈夫だと思います。
    > 安いのは 5万程度のマシンがあるかと思います。
    >
    > CPU次第なので 処理の遅いのは 負担に感じなければ大丈夫かと。
    >
    > インストールも 問題なく USBで 出来ました。
    >
    > ただ 画面の小さいのは 大変かと思います。
    > タブレットでも 便利に使っていますよ。

    大変貴重な体験談をありがとうございます。

    タブレットであれば、パソコンの苦手な役員(上司)の方にも使っていただけるかなととも思っています。

    検討の大きな材料になりそうです。
引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■1253 / 親記事)  桐の一括処理の本が欲しい
□投稿者/ ド初心者 -(2018/10/18(Thu) 09:48:39)
    すでに絶版となっており、古本でも入手できない「桐Ver7.1一括処理入門―一括処理でデータ管理をシステム化しよう」(山形庫之助氏著)が欲しいのですが、譲って頂ける方、いらっしゃいませんか?美品でしたら、新品と同額で購入致します。
    譲って頂ける方、メールをお待ちしています。よろしくお願い申し上げます。
引用返信 [メール受信/OFF]

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■1254 / ResNo.1)  Re[1]: 桐の一括処理の本が欲しい
□投稿者/ 悲しげ -(2018/10/18(Thu) 23:14:22)
    2018/10/19(Fri) 10:39:02 編集(投稿者)
    2018/10/19(Fri) 10:36:01 編集(投稿者)

    No1253に返信(ド初心者さんの記事)

    「メールをお待ちしています」とのことですが、そもそも「ド初心者」さんのメアドが
    示されていないのでメールしようがない。(笑)

    それと我が書棚を見てみたら
    「桐Ver7.1一括処理入門―一括処理でデータ管理をシステム化しよう」(山形庫之助氏著)
    は存在していました。
    持っていたことすら忘れていたのは(山形さんには悪いが)たぶんあまり役に立たなかった
    からだと思います。
    というのは、桐Windows版が本格稼働するのが(云い換えればイベント、メソッド等を実装
    していかにもWinっぽく使えるようになったのは)Ver8以降だからです。
    Ver7は中途半端な「過渡的製品」で、いまさらこれを勉強するのは、ワタクシ個人的には
    かなり意味がないと考えています。
    それよりも、例えばこのHPの「連結桐」http://tayu.o0o0.jp/link.htm で紹介されている
    サイトでじっくり勉強した方がいいような・・・
    あるいは上記以外にも然るべきサイトを、皆さんに紹介してもらいましょう!

    ps.と言いつつも(^^;)
    書き込みもあり「美品」とは決して言えず、カバーも外してしまってて売価も不明なので、
    送料プラス謝礼(気持ち)程度でお送りすることは可能ではあります。

    ps2
    Win8(以降)対応すなわちイベント・一括処理系の桐の書籍って皆無ですよね?
    話だけはあったが、残念ながらいずれも立ち消えになってしまって・・・

引用返信 [メール受信/OFF]
■1255 / ResNo.2)  Re[2]: 桐の一括処理の本が欲しい
□投稿者/ ド初心者 -(2018/10/19(Fri) 11:26:12)
    > 「メールをお待ちしています」とのことですが、そもそも「ド初心者」さんのメアドが
    > 示されていないのでメールしようがない。(笑)
    >
    悲しげ様
    申し訳ありません。(^^;;;
    登録すれば見えるのかと、勘違いしておりました。
    もしよろしければ、お譲り下さい。お願い申し上げます。
    価格は1,000円+送料でいかがでしょうか?

    なお、取り急ぎ、捨てアドレスを作りましたので、こちらにて
    ご連絡をよろしくお願い申し上げます。

    suteme560@yahoo.co.jp


引用返信 [メール受信/OFF]

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]






147741

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -