HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

24時間以内に投稿された新着記事


■13275 / )  Re[1]: 桐+SQLでのレコード絞り込み
□投稿者/ 尾形 -(2022/05/25(Wed) 17:15:10)
    どうも、こんにちは


    ・多分、xvx定義での項目定義の (すべて) は使わない方がいいと思います
    ・100項目のxvxより10項目指定のxvxが開くのは早いです
    ・xvxは簡単に破損します
    ・xvxは多重化できません、連番等つけてコピー使用がいいかと思います
    ・xvxからtbxに落として、vixで結合するのもいいかもです


    もし参考になれば

返信 [メール受信/OFF] 削除キー/

■13274 / )  桐+SQLでのレコード絞り込み
□投稿者/ ななーし -(2022/05/25(Wed) 10:20:05)
    こんにちは、質問というか雑談に近いです。(解決方法は自分なりにはわかってるので)

    尾形さんのアドバイス通り正規運用で3年後のレコード数で表を試すと読み込みにめちゃくちゃ時間かかりました。(といっても前よりは断然早いですが・・・)待ち時間10sくらいですが処理が引っかかると1分待ちへ(前は2〜5分だったので進歩はしましたが)

    記入する更新テーブルはすべてのレコードを表示させないことで解決でき、現状の更新テーブルは外部DBのXVXファイルの定義で絞り込み条件1に#DSQLで絞り込みを実施して軽くしました。10万件程度であれば一瞬で立ち上がるようです。

    皆様は更新テーブルの件数が多い場合はどのようにして運用してるのでしょうか?

    桐側の#DSQLで絞り込むか、SSMS側のビューで絞り込んだ結合表を作るかどちらが運用上簡単でしょうか?ビューで作る場合はインデックス付きじゃないと編集できなさそうでそこらへんが面倒そうですが・・・ビューで絞り込む場合は列が多い場合かなあとは思います。実は外部DBの定義画面で読み込まない設定だけで軽くなったりするのでしょうか?そこらへんが桐のよくわからないところです。

    参照のみで訂正・削除など禁止の場合は単にビューで作って新しい外部DB(結合表欄に現れる)で見れました。その際のSSMSの条件で読み込ませる列情報を絞っておけば軽くできそうです。
    特にテーブル結合の際はビュー作って結合して必要時に表示・印刷してやればいい感じでした。

返信 [メール受信/OFF] 削除キー/


Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -
- Antispam Version -